WWE~天下無双~
世界最高のスポーツエンターテイメントWWE(ワールドレスリングエンターテイメント)の最新News(ニュース)&速報などのブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
CATEGORY : 特番(PPV)を予想!
ノーマーシー2008結果予想(結果版)
DATE : 2008-10-06-Mon
ノーマーシー2008結果予想(結果版)

試合結果:
1.<ECW王座戦>
マット・ハーディ vs マーク・ヘンリー
勝者:マット・ハーディ(王座防衛)

2.<WWE女子王座戦>
ベス・フェニックス vs キャンディス・ミッシェル
勝者:ベス・フェニックス(王座防衛)

3.ケイン vs レイ・ミステリオ
勝者:レイ・ミステリオ

4.<世界ヘビー級王座戦次期挑戦者決定戦>
バティスタ vs JBL
勝者:バティスタ

5.アンダーテイカー vs ビッグショー
勝者:ビッグショー

6.<WWE王座戦>
HHH vs ジェフ・ハーディ
勝者:HHH(王座防衛)

7.<世界ヘビー級王座戦 ラダーマッチ>
クリス・ジェリコ vs ショーン・マイケルズ
勝者:クリス・ジェリコ(王座防衛)

予想結果:
7勝0敗:ゴリラさん、GORILLAさん、ケイカーさん、オラクル・オラクルさん、Y2Mさん、ケリーケリーLOVEさん
6勝1敗:管理人、サンシャインさん、リクエストさん
5勝2敗:WWE小僧さん、JAJI/RAYさん、たかしさん、3さん、ミーさん
4勝3敗:タマネギ大好きさん
3勝4敗:遥かマニアさん
2勝5敗:該当者無し
1勝6敗:該当者無し
0勝7敗:該当者無し

*総評:
過去最多の6人の方々が全戦的中されました。全戦的中の皆さんおめでとうございました。今回は結果的に見れば比較的結果が予想しやすかったですね。メンバーがベテラン中心でしっかりしていたので、逆に若手のサプライズ要素がありませんでした。そういう意味では無難だが面白みに欠けた大会だったのかも。全王座戦も王者の防衛で終わりましたし。まずECW王座を防衛したマットですが、これで王者の風格が出てくることを期待したいところです。マットは大事なところでの負け癖がありますから。逆にヘンリーはせっかくトニー・アトラスを付けたのに、フェードアウトでしょうか。女子王座防衛のベスは順当で、バティスタの完勝も想定内。というか予想以上にすんなり勝負がつきました。ある意味完敗のテイカーですが、レッスルマニアに向けてしっかり体調を整えてもらいたいところです。今無理をしてテイカー不在のレッスルマニアになるほうが痛いですから。WWE王座防衛のHHHはいよいよコズロフと抗争か。US王座などを経由していない分、コズロフ大プッシュの予感が漂いますね。ジェフはしばらくミッドカード要因でしょうか。人気がある分コンスタントに出場してくれさえすれば、またチャンスは来ると思います。世界王座防衛のジェリコもある意味順当ですね。次の挑戦者はバティスタということですが、ここがジェリコにとっての山場になりそうです。マイケルズはケイドとの抗争でケイドをトップヒールに育てて欲しいものです。人材が不足していますから。
Comment 0
スポンサーサイト
page top
ノーマーシー2008結果予想

秋の祭典サバイバーシリーズに向け、シナ、オートンを欠いている状態だが
ノーマーシーのカードとしてはまずまず豪華な面々が顔を揃えている。
メンバー的には問題ないが、試合内容も良いものを期待したい。
そして元王者CMパンクやタッグ王者達はPPVに絡まないのだろうか。

1.<世界ヘビー級王座戦次期挑戦者決定戦>
バティスタ vs JBL

2.<ECW王座戦>
マット・ハーディ vs マーク・ヘンリー

3.<バトル・オブ・マスクマンズ>
ケイン vs レイ・ミステリオ

4.<怪人 vs 巨人>
アンダーテイカー vs ビッグショー

5.<WWE女子王座戦>
ベス・フェニックス vs キャンディス・ミッシェル

6.<WWE王座戦>
HHH vs ジェフ・ハーディ

7.<世界ヘビー級王座戦 ラダーマッチ>
クリス・ジェリコ vs ショーン・マイケルズ

*管理人予想
1.バティスタ
今大会の中では最もマンネリ化している抗争ではないだろうか。この時期挑戦者決定戦が現在のRAWの人材不足を表している。そうは言うもののやはりここはバティスタのほうが1つ上。挑戦する相手がジェリコになるかマイケルズになるか未定なものの、現時点でJBLが挑戦しても盛り上がらないだろう。サプライズ的要素があるとすれば欠場中のオートン。オートンが絡んでくることによって無効試合→3人で挑戦という可能性なども。しかしその可能性抜きで考えるとすれば、順当に野獣が勝ち上がるはず。

2.マーク・ヘンリー
念願の王座を獲得したマットだが、ここは短命に終わってしまうと予想。というのも最強キャラであるヘンリーは完敗し、王座戦線から落ちることによって価値が無くなってしまう。逆にマットは王者でなくてもコンスタントに活躍できる万能タイプ。オーティズやボーン、スワッガーなどの若手も出てきていることだし、ヘンリーは王者として君臨させ、マットを様々な人材と絡めたほうがベターなのでは。

3.レイ・ミステリオ
ミステリオが負ければマスク脱ぎが待っているこの試合。ケインの例があるので100%とは言い切れないが、子供に絶対的人気を誇るミステリオの素顔を明かすということはさすがに出来ないはず。これまでストーリー展開ではケインが中心だった分、ミステリオはここで勝利し、アピールしたいところ。個人的意見だが、ケインは一旦ミステリオから退いて、再度マスクを被り様々なレスラーを破壊する以前のキャラに戻ったほうがいい気がする。

4.ビッグショー
ここのところ圧倒的な強さを見せているテイカーだが、このまますんなりといくだろうか。現在ヴィッキーの入院により、スマックダウンは責任者がいない状態。展開的にはビッグショーがここで勝利し、実質的にレスラー兼GMでスマックダウンを圧巻というのも悪くない。逆にテイカーは持病の状態もあるし、再度短期欠場か。

5.ベス・フェニックス
復帰後のプッシュの感じを見ていると、勢いだけならキャンディス。ベスは直前のスマックダウンでもディーバ王者マクールにやられるなど勢いはそれほど感じられない。しかしパートナーであるサンティーノ・マレラがIC王者でい続ける限り、ベスも負けてはいられないだろう。次PPVがサイバーサンデーだということもあり、特殊試合形式なら王者ベスのほうが都合がいい。力だけを見てもベスのほうが上だし、キャンディスはこの対戦で戦えるディーバに成長したことを証明したい。

6.HHH
この戦いではウラジミール・コズロフの乱入は避けられないだろう。コズロフがやってきて2人を急襲し無効試合になるか、HHHを攻撃してHHHの反則勝ちの可能性が高い。それ以外に考えられるのはHHHがジェフを実力で退けた後の急襲か。今の流れではHHH vs コズロフ vs ジェフの三つ巴の様相になることは間違いないし、これがこの秋のスマックダウンの本線になるだろう。無敗コズロフの相手と言う意味でも、HHHを王座からは落とせない。

7.クリス・ジェリコ
この試合は好内容を期待できるマッチアップとなった。もしかすると今シーズンのベストバウトになる可能性も。2人はすでにレッスルマニア19で最高の試合を演じているし、相性も抜群だろう。結果的にはヒール王者であるジェリコがどうにか防衛するとみるが、個人的には内容を重視したい。引退を決意していたマイケルズをもう1度RAWのトップに押し上げるのは無理があるし、後々バティスタやオートンと激しい試合を出来るのはクリス・ジェリコのほうだろう。
page top
CATEGORY : 特番(PPV)を予想!
アンフォーギブン2008結果予想(結果版)
DATE : 2008-09-14-Sun
アンフォーギブン2008結果予想(結果版)

試合結果:
1.<ECW王座戦 チャンピオン・スクランブル>
マーク・ヘンリー vs マット・ハーディ vs フィンレー vs チャボ・ゲレロ vs ザ・ミズ
勝者:マット・ハーディ(新王者誕生)

2.<世界タッグ王座戦>
チーム・プライスレス vs クライムタイム
勝者:チーム・プライスレス(王座防衛)

3.<プライドを賭けた非公式戦>
ショーン・マイケルズ vs クリス・ジェリコ
勝者:ショーン・マイケルズ

4.<WWE王座戦 チャンピオン・スクランブル>
HHH vs ジェフ・ハーディ vs MVP vs シャルトン・ベンジャミン vs ブライアン・ケンドリック
勝者:HHH(王座防衛)

5.<ディーバ王座戦>
ミシェル・マクール vs マリース
勝者:ミシェル・マクール(王座防衛)

6.<世界ヘビー級王座戦 チャンピオン・スクランブル>
CMパンク vs バティスタ vs レイ・ミステリオ vs ケイン vs JBL vs クリス・ジェリコ
勝者:クリス・ジェリコ(新王者誕生)

予想結果:
6勝0敗:該当者なし
5勝1敗:サンシャインさん、kuggさん、オラクル・オラクルさん、シンイチさん、Y2Mさん
4勝2敗:管理人、ゴリラさん、JAJI/RAYさん、もみじーさん、ケリーケリーLOVEさん、YWAさん、MKSさん
3勝3敗:バレロさん、msさん、WWE小僧さん、たかしさん、Eddieさん
2勝4敗:ミーさん
1勝5敗:ハリウッドさん、KENTAさん、キング・オブ・キングスさん、kさん
0勝6敗:遥かマニアさん

総評:
今回の全勝はほぼ不可能だったということで間違いないでしょうね。久しぶりに出た王座戦線でのサプライズ、クリス・ジェリコの世界王者獲得です。これでジェリコにとってはブランク期間も含めて、6年ぶりくらいの世界王座となりました。ランス・ケイドをトップに育てる為にも良い選択ではないでしょうか。しかしこれでマイケルズはどう絡んでくるのか。試合もマイクもでき、実績のあるジェリコで文句は無いのですが、意外に早くRAW陣営が人材不足に対して対応しましたね。もう少し様子を見るのかと思いきや、これまで個人抗争ばかりしていたジェリコをいきなり王座戦線に組み込み、パンクを欠場させ、オートンと絡ませるという荒業でした。しかし長い目で見ると、チーム・プライスレスがトップどころと絡みましたし、楽しみな展開に持っていけるのではないでしょうか。
一方待望の初ヘビー級王座を獲得したマットはこれからが正念場。単発王者としてすぐにフェードアウトしてしまうのか、トップレスラーになれるかはこれから数ヶ月が勝負でしょう。
WWE王座戦は順当にHHHが防衛、マリースは完全に実力不足、クライムタイムにはまたチャンスありといった感じでしょう。しかしサマースラム後の後半戦1大会目にしては、今後が楽しみになる伏線が沢山張られた充実の大会だったと思います。
page top
Copyright © 2005 WWE~天下無双~. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。