WWE~天下無双~
世界最高のスポーツエンターテイメントWWE(ワールドレスリングエンターテイメント)の最新News(ニュース)&速報などのブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
10/6放送RAW結果速報

-オープニング

-クリス・ジェリコ登場。口の周りにアザが出来ている。
ジェリコ「今夜GMのマイク・アダムルはWWE本社のあるコネチカットにいる。だから今夜の責任者は王者である俺だ。俺は昨夜ショーン・マイケルズ相手にラダーマッチで勝利を収めた。マイケルズはもう俺に何も言えないだろう。俺が怖くてしょうがないんだ。しかし代償もあった。」
クリス・ジェリコは口をあけて歯が欠けているのを見せる。
ジェリコ「俺はこんな状態だが、マイケルズには今夜試合を行ってもらう。ランス・ケイドとフォールズカウントエニウェアのノーホールズバード戦だ。」
バティスタ登場。
バティスタ「俺は昨夜JBLを倒してお前への挑戦権を手に入れた。王座戦はいつにする?」
ジェリコ「いつやっても俺が勝つのには変わりないから、そんなこと気にしないぜ。今は俺が話している時間だ。出て行け。」
バティスタはジェリコにスパインバスターをくらわせる。

-バティスタ退場後、ジェリコは今夜バティスタにJBLと挑戦権を賭けた再戦を行わせ、その試合のレフェリーを自分が務めると発表。

-ウィリアム・リーガルとレイラが登場し、リングサイドに座る。

1.サンティーノ・マレラ&ベス・フェニックス vs ジェイミー・ノーブル&ミッキー・ジェームズ
試合内容:ノーブルとマレラの戦いになり、ノーブルが優勢になるが、ベスがノーブルを邪魔し、マレラが丸め込んでピン。
勝者:サンティーノ・マレラ&ベス・フェニックス

-試合後乱闘が始まるが、リーガルとレイラがそれを制止する。

-バックステージでトッド・グリシャムがショーン・マイケルズにインタビュー。
トッド「昨夜の激戦を終えたばかりですが?」
マイケルズ「あぁ、全身傷だらけだ。」
トッド「ランス・ケイドとの試合が決定したことについては?」
マイケルズ「ジェリコはケイドに俺にとどめを刺させようとしているようだが、俺にはまだガソリンが残ってるぜ。」

2.コフィ・キングストン vs テッド・デビアスw/コーディ・ローデス
試合内容:試合途中にCMパンクが登場し、キングストンのセコンドに付く。試合は邪魔しようとしたコーディをパンクが撃退するが、デビアスのミリオンダラードリームからのレッグスウィープが決まり、ピン。
勝者:テッド・デビアス

-バックステージ。ジェリコとランディー・オートンが話している。
ジェリコ「それじゃあ手伝ってもらうぜ。」

-ジョン・シナの怪我とリハビリの様子がビデオで流れる。復帰まで3-4ヶ月かかるだろうと発表。

-バックステージ。ドルフ・ジグラーが歩いている。ケイン、マーク・ヘンリー、トニー・アトラスに出会い、挨拶をするが、無視される。

3.レイ・ミステリオ&マット・ハーディ vs ケイン&マーク・ヘンリー
試合内容:終盤マットとミステリオがスピードを生かして攻勢に出るが、ヘンリーがマットとミステリオを衝突させる。そしてケインがミステリオにチョークスラム。ピン。
勝者:ケイン&マーク・ヘンリー

-試合後ミステリオとケインがにらみ合い。

4.<カウントフォールエニウェア ノーホールズバード>
ショーン・マイケルズ vs ランス・ケイド
試合内容:マイケルズはまだ昨夜の怪我が完治していない様子で、ケイドが攻勢に出る。しかしマイケルズがイスを持つと、ケイドを滅多打ち。ピン。
勝者:ショーン・マイケルズ

-試合後マイケルズは再びケイドをイスで殴り、退場。

-先週のスマックダウンMyNetworkTVデビュー大会は同局史上最高の視聴率を獲得したとアナウンス。そして今週のスマックダウンでHHH vs ビッグショーのWWE王座戦が行われると発表。

-キングがリングに上がる。
キング「現在IC王者であるサンティーノ・マレラが史上最高の王者だと言っている。そこでサイバーサンデーでは本当にそうなのかということを過去の偉大なIC王者相手に戦ってもらう。ファン投票の選択肢はロディー・パイパー、ゴールダスト、ホンキー・トンクマンだ!」

-グレート・カリとランジン・シンが登場。カリがジョニー・ノックスヴィルのTVショーに出演した様子が流れる。
カリ(通訳)「来週俺はノックスヴィルをRAWに招待したいと思う。」
シン「そして今からカリがRAWを楽しんでいることを証明するためにキスカムを行う。」
通常通りにキスカムが行われるが、最後にカメラがリリアンを映し出す。そしてカリはリングを降り、驚いているリリアンにキス。

-ジョン・モリソンとミズが登場し、実況席に座る。

-ジリアンが登場し、ニルヴァーナの曲を歌おうとするがケリーケリー登場。

5.ケリーケリー vs ジリアン・ホール
試合内容:試合中クライムタイムが登場し、実況席前でモリソン達と口論を始める。試合はケリーが丸め込みでピン。
勝者:ケリーケリー

-ジョン・シナが手術後の体で子供達にサービスしているシーンのビデオ。

6.<世界ヘビー級王座時期挑戦者決定戦 特別レフェリー:クリス・ジェリコ>
バティスタ vs JBL
試合内容:リリアンがタイムキーパーはウィリアム・リーガル、ゲスト解説はランディー・オートンだと発表。オートンは実況に加わるが、なぜこんなことをしなければいけないのかと言ってほとんどしゃべらない。試合は一進一退の攻防になるが、ジェリコがJBLがフォールしたときは高速カウント、バティスタがフォールしたときはカウントしない。結局バティスタがJBLとジェリコ2人にスピアー。ここでマイク・アダムルが登場し、別のレフェリーを投入。バティスタはスパインバスター、バティスタボムをJBLに決め、ピン。
勝者:バティスタ

-試合後マイク・アダムルがアナウンスを行う。
アダムル「クリス・ジェリコ vs バティスタの世界ヘビー級王座戦はサイバーサンデーで行う。そして特別ゲストレフェリーはランディー・オートン、ショーン・マイケルズ、そしてストーンコールド・スティーブ・オースチンの中の誰かだ!」
ジェリコが怒っている様子で番組終了。
Comment 0
スポンサーサイト
page top
9/29放送RAW結果速報

-オープニング

-サンティーノ・マレラ登場。ホンク・ア・メーターを見せ、記録更新まであと58週だと言う。
マレラ「さらにこれがブレイン・バロメーターだ。脳細胞の数を表している。普通の人間の脳細胞は約6兆個だが、俺には10兆個ある。そしてバティスタにはたった12個しかないんだ。」

1.バティスタ vs サンティーノ・マレラ
試合内容:バティスタがスピアーからバティスタボムを決めてピン。
勝者:バティスタ

-試合後ベス・フェニックスがリングインし、バティスタとにらみ合う。するとバティスタの背後からJBLがクローズラインフロムヘルで急襲。

-バックステージでトッド・グリシャムがショーン・マイケルズのインタビュー。
マイケルズ「クリス・ジェリコが王者でいられるのもあと6日だ。俺がノーマーシーで王者になる。」
グリシャム「今夜はジェリコ&ケイドとタッグ戦ですが、パートナーは?」
マイケルズ「俺は色々な奴と共に戦ってきた。リアル・アメリカン(ハルク・ホーガン)やテキサスのガラガラ蛇もだ。しかし今夜の男は最高であり続ける俺のような男だ。そんな奴を連れてくるぜ。」

2.JTGw/シャド vs ミズw/ジョン・モリソン
試合内容:観客の反応は上々。試合はモリソンがエプロンに上がったところをシャドが攻撃。最後はミズのリアリティ・チェックが決まってピン。
勝者:ミズ

-バックステージ。ジェイミー・ノーブルが今夜のタッグパートナーを探していると、ジリアンと出会う。
ノーブル「ジリアン、どうやったら俺はディーバに理解してもらえると思う?」
ジリアン「私は自分よりも10倍優れている男じゃなきゃ嫌よ。」
新人のドルフ・ジグラー登場。ジグラーは握手を求め、ジリアンは応えるが、ノーブルは無視。ジリアンはジグラーのほうを見つめている。それに怒ったノーブルはジグラーを罵倒する。

3.ジェイミー・ノーブル&ミッキー・ジェームズ vs ポール・バーチル&ケイティ・リー
試合内容:リーガルとレイラが登場し、エントランスで観戦。非常に良い試合。ミッキーがルーテーズプレスでケイティを場外へ落とし、その隙にノーブルがバーチルにアームバーを決めて、バーチルタップアウト。
勝者:ジェイミー・ノーブル&ミッキー・ジェームズ

-暗いバックステージをコーディ・ローデス、テッド・デビアス、マヌーが歩いていると、ケインに出会う。
ローデス「ケイン、聞いてくれ。あんたの父親はポール・ベアラーだ。ということはあんたも2代目のスーパースターって事になる。今夜は俺達がタッグを組むんだ。分かってくれ、これは会社が決めたことなんだ。」
ケイン「俺は誰の命令にも従わない。俺が狙っているのはレイ・ミステリオだけだ。邪魔をしたらお前達が2代目の死体になるぜ。」

-ランス・ケイド登場。
ケイド「俺はかつてショーン・マイケルズの弟子だった。しかし俺はクリス・ジェリコのほうがより優れた師であることがわかった。俺は先週マイケルズを倒した。そしてノーマーシーではジェリコがマイケルズを叩きのめしてくれるだろう。」

4.CMパンク&レイ・ミステリオ&コフィ・キングストン&エヴァン・ボーン vs コーディ・ローデス&テッド・デビアス&マヌー&ケイン
試合内容:序盤はパンク組が勢いでローデス達を圧倒する。しかし徐々にパンクが捕まって、集中攻撃を受ける。パンクは何とかキングストンに交代。キングストンがコーディを倒すと、そこから8人の乱闘になる。キングストンはケインに飛びかかろうとするが、ケインがキャッチし、そのままチョークスラム。ピン。
勝者:コーディ・ローデス&テッド・デビアス&マヌー&ケイン

-試合後ケインはミステリオを観て高笑い。

-マイク・アダムル登場。
アダムル「今夜は重要なアナウンスがある。まずノーマーシーでのケイン vs ミステリオ戦だ。その試合でもしケインが勝利すれば、ミステリオはリングの中央でマスクを脱がなければいけない。」
ランディー・オートン登場。
オートン「アダムル、アナウンスをするのはいいが、ちゃんとシェイン・マクマホンの許可は取ったのか?先週それを怠ったせいで、パンクを出場停止に出来ず、シェインに覆されただろ。」
JBL登場。
JBL「今週は本当に悪い週だ。株は暴落した。オートン、お前の株もだ。お前は怪我をしていて試合には出られない。だから俺がノーマーシーでバティスタに勝利し、来週の今頃はジェリコかマイケルズを倒して王者になっているだろう。」
ここでバティスタのテーマがヒット。アダムルとオートンはリング下へ。JBLがエントランスのほうを見つめていると、背後からバティスタが登場し、スピアー。
バティスタ「本当に悪い週のようだな。しかしノーマーシーではもっと悪いことが起こるぜ。」

-バックステージ。サンティーノ・マレラが電話をしながら歩いていると、ベス・フェニックスに遭遇。マレラは急いで電話を切る。
ベス「今の誰?」
マレラ「ええと・・・フランクって奴だ。」
ベス「まぁいいわ。先週はあなたのせいでケリーケリーに負けたの。今夜はついてこないでちょうだい。」

5.ベス・フェニックス&ジリアン・ホール vs ケリーケリー&キャンディス・ミッシェル
試合内容:ベスがチキンウィングスラムをケリーに決めてピン。
勝者:ベス・フェニックス&ジリアン・ホール

-グレート・チャーリーが登場。ハースの物まね。しかし通訳で本物のランジン・シンが登場し、マイクアピールも行う。

6.グレート・チャーリー vs デュース
試合内容:チャーリーのフライングクローズラインが決まりピン。
勝者:グレート・チャーリー

-試合後チャーリーが退場していると、グレート・カリが登場。カリは笑って握手を求めるが、チャーリーが近づいたところでカリがチョップ。

-クリス・ジェリコとランス・ケイドが登場。ケイドはリング下からハシゴを取り出す。
ジェリコ「今夜はデモンストレーションだが、ノーマーシーではハシゴ戦でマイケルズを倒す。」
ショーン・マイケルズ登場。今夜のパートナーを紹介。出てきたのはHHH。観客大歓声。

7.クリス・ジェリコ&ランス・ケイド vs ショーン・マイケルズ&HHH
試合内容:試合中ジェリコがジョーブリーカー。これでHHHが場外へ。その隙にジェリコ達は2人がかりでマイケルズを集中攻撃。これをレフェリーが反則に取る。
勝者:ショーン・マイケルズ&HHH

-試合後ジェリコはラダーをリングにいれ、それでマイケルズを殴ろうとするが、同時にHHHがハンマーを持ってリングイン。ジェリコは退散するが、ケイドがハンマーをくらってしまう。その後マイケルズがハシゴ上からスプラッシュ。番組終了。
page top
CATEGORY : RAW結果速報
9/22放送RAW結果速報(1)
DATE : 2008-09-23-Tue
9/22放送RAW結果速報

-RAW800回記念のオープニング。

-リングにハシゴが設置され、その上にベルトが吊り下げられている。
クリス・ジェリコ登場。ハシゴの上に座り、話しはじめる。
ジェリコ「ショーン・マイケルズは先週自分こそがハシゴ戦の改革者だと語ったが、それはウソだ。本当の改革者はこの俺だ。俺は3度もハシゴ戦でタイトルを獲得した。それと同じようにしてノーマーシーでも俺がタイトルを防衛する。」
ランディー・オートン登場。
オートン「クリス、言っておくがアンフォーギブンで俺がパンクを倒さなければ、お前は王者になれていないんだ。だからそのベルトは俺のものだ。」
ジェリコ「俺がレベッカを殴ったのは事故だったが、お前のことなら故意に殴るぜ。」
ジェリコはオートンに殴りかかろうとする。
オートン「ストップだ。俺はマイク・アダムルと約束を交わした。俺は見ての通り治療中だ。俺は誰も攻撃できないが、代わりに俺を攻撃した奴は誰であろうと謹慎処分になるぜ。」
ジェリコ「俺には関係ないことだ。」
クリス・ジェリコ退場。入れ替わりでCMパンク登場。
パンクはオートンとにらみ合い、我慢をするもののオートンを殴る。するとマイク・アダムルがやってきて、パンクに謹慎処分を命じる。観客大ブーイング。
ここでシェイン・マクマホンのテーマがヒット。
シェイン「マイク、まだオートンとの約束は正式に許可されていない。パンクは感情的になっていたことを君は考慮していなかったんだ。だからあんたがパンクを謹慎処分にすることは出来ない。しかしたった今からそのルールは正式に適用される!」
ランディー・オートン退場。
シェイン「パンクには別の試合を与えよう。今夜コーディ・ローデスとシングル戦だ。そして今夜のメインはクリス・ジェリコ&JBL vs バティスタ&ショーン・マイケルズだ。」

1.CMパンク vs コーディ・ローデス
試合内容:序盤はコーディが圧倒。パンクの足を重点的に攻める。しかしパンクが逆転のアンクルロック。そして最後はGTSを決めて、パンクがピン。
勝者:CMパンク

-試合後テッド・デビアスとマヌーが登場し、パンクを急襲。しかしコフィ・キングストンがパンクを救出。

-バックステージ。GM室にマイク・アダムルとシェイン・マクマホンがいる。
シェイン「マイク、君は良くやっていると思うよ。しかし学ばなければいけないこともある。」
ケイン登場。
ケイン「もっとレイ・ミステリオと対戦したい。試合を組め。」
アダムル「いいだろう、ノーマーシーで戦え。」
ケインはシェインの方を向く。
ケイン「ママは元気か?」
ケインは笑って退場。
アダムル「ケインとお母様は知り合いなんですか?」
シェイン「色々あったんだ。奴は俺のママにツームストンパイルドライバーを決めたこともあったし、俺の睾丸を感電させたこともあった。しかしこれもビジネスさ。」

-NFLのシンシナティ・ベンガルズのメンバーが来場している。

-バックステージ。サンティーノ・マレラとベス・フェニックスがケリーケリーに言い寄っている。
マレラ「先週俺達がやられたのはバティスタのせいだ。今度会ったら叩きのめしてやる。」
バティスタがその背後に登場。
ベス「マレラが今度お前を倒すわ。」
入場曲が鳴り、マレラはフレームアウト。

-マレラが登場し、ホンク・ア・メーターでホンキー・トンク・マンのIC王座保持記録と自分の記録を比べる。マレラは5週目。

2.サンティーノ・マレラ vs デュース
試合内容:デュースが攻め込むが、マレラが丸め込んでピン。
勝者:サンティーノ・マレラ

-試合後、マレラ「今夜の勝利をグラマゾンに捧げるぜ。今夜彼女はケリーケリーを倒すんだ。」

-バックステージ。エヴァン・ボーンとレイ・ミステリオが話している。

3.ケイン vs エヴァン・ボーン
試合内容:ボーンは序盤からハイフライムーブで攻め立てる。しかし最後はケインのチョークスラムが決まり、ピン。
勝者:ケイン

-試合後もケインはボーンを攻撃し続ける。ここにレイ・ミステリオが救出に入るが、ケインのブート、チョークスラムをくらってしまう。
page top
Copyright © 2005 WWE~天下無双~. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。