WWE~天下無双~
世界最高のスポーツエンターテイメントWWE(ワールドレスリングエンターテイメント)の最新News(ニュース)&速報などのブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
CATEGORY : PPV(特番)結果速報
ノーマーシー2008結果速報(1)
DATE : 2008-10-06-Mon
ノーマーシー2008結果速報

-オープニング

1.<ECW王座戦>
マット・ハーディ vs マーク・ヘンリー
試合内容:試合序盤はヘンリーがパワーで圧倒。場外戦でマットを鉄柱に叩きつけたあと、リングでベアハグ。しかしマットがサイドエフェクトで反撃すると、その後マットはヘンリーの左足を集中攻撃。最後はヘンリーが足を気にして攻撃失敗したところをマットがツイストオブフェイトでピン。
勝者:マット・ハーディ(王座防衛)

-今夜のWWE王座戦でHHHとジェフ、どちらを応援するかと言うファン投票の開始。

-バックステージでイブがHHHとジェフ両者にインタビュー。
HHH「今行われている人気投票が唯一ジェフが俺に勝てるものかもな。」
HHHは携帯で自分に投票し始める。
HHH「ジェフ、今夜は素晴らしいAゲームになることを期待してるぜ。」
ジェフ「もちろんそのつもりだ。それだけじゃ終わらない。王座を奪ってやる。」

2.<WWE女子王座戦>
ベス・フェニックス vs キャンディス・ミッシェル
試合内容:ベスはキャンディスが怪我をしていた左肩を狙う。キャンディスは苦しそう。キャンディスも反撃するが、結局最後はベスのフィニッシャーが決まり、ピン。
勝者:ベス・フェニックス(王座防衛)

-バックステージにケインがいる。
ケイン「今夜俺はレイ・ミステリオにリアリティーとは何かを教える。そしてファンはミステリオが仮面を被ったモンスターであるということを知ることになるだろう。」

3.ケイン vs レイ・ミステリオ
試合内容:序盤はミステリオが早さを生かしてケインを翻弄。スリーパーを決めるが、ケインはミステリオを投げる。ケインはその後ミステリオの背中を集中攻撃。ミステリオは逃れようとするが、ケインのサイドバスターがヒット。その後ミステリオが反撃し、ケインを場外へ。そしてミステリオはブランチャを狙ってケインに飛び掛るが、これをリング下のケインがイスで迎撃。反則裁定。
勝者:レイ・ミステリオ

-試合後ケインが退場し、レフェリーがミステリオをチェックしている。

-バックステージをMVPが歩いている。MVPはGM室のドアをノック。するとビッグショーが登場。
MVP「俺はGMに用があるんだ。」
ビッグショー「ヴィッキーには俺から伝える。」
MVP「なぜこの俺に試合が組まれていないんだ。」
ビッグショー「さぁな。俺はテイカー戦に集中したいんだ。帰ってくれ。」
部屋の中のヴィッキーの叫び声が聞こえる。するとビッグショーはドアを閉め、MVPは立ち去る。

-MVPが登場。
MVP「今俺が言いたいのは、なぜスマックダウン最高のレスラーである俺の試合が組まれていないのかと言うことだ。」
ランディー・オートン登場。
オートン「俺とお前の違いは明らかだ。俺はレッスルマニアでHHHとシナ相手に勝利したが、お前は勝利できなかった。」
MVP「俺はスマックダウン所属なんだ。もしRAWにいたらお前だけじゃなく、ロッカールームの全員を倒せるぜ。」
コーディ・ローデス、テッド・デビアス、マヌー登場。
コーディ「ランディー、あんたは怪我をしていて何も出来ていないじゃないか。」
オートン「口には気をつけろ。CMパンクがどうなったか知っているだろ。」
マヌー「お前は何もしていない。お前は俺達がやった後にゴミ箱にパンクを捨てただけだ。」
オートン「これ以上話していてもしょうがない。お前らは俺の成し遂げたことの半分も出来ていない連中だからな。」
オートンは退場。MVPはチームプライスレスに文句を言い始める。
デビアス「確かお前の父親は何でもないじゃないか。俺達はエリートだ。」
MVP「だが俺はお前ら3人よりも稼いでいる。」
デビアス「知らないのか?俺の父親はミリオンダラーマンだ。俺達は金のことを心配などしていない。」
MVPは不満そうに退場しようとすると、CMパンク、コフィ・キングストンが登場。
その隙にリングの3人がMVPを集中攻撃。しかしパンクとキングストンがリングインし、チームプライスレスを排除。パンクとキングストンはMVPとは絡まず、退場。

-バックステージでショーン・マイケルズとクリス・ジェリコがそれぞれウォームアップをしている。

4.<世界ヘビー級王座戦次期挑戦者決定戦>
バティスタ vs JBL
試合内容:短い試合。5分ほどでバティスタがスピアー、バティスタボムを決めてピン。
勝者:バティスタ(王座挑戦決定)

-試合後JBLがマイクを持つ。
JBL「非常に驚いたことになった。俺は今夜バティスタを倒すつもりでいたが、ウォール街でのことのほうが気になって試合に集中できなかったんだ。俺は多額の財産を失うところだったが、議会が費用を出してくれることが分かった。俺の財産を守ってくれたことに感謝したい。」
ここで画面にJBLのリムジンが映る。リムジンの上にはクライムタイム。
そしてサージェント・スローターとディーバ達がリムジンに乗車。全員で「Money Money Yeah Yeah」チャント。JBLは怒り心頭。
Comment 0
スポンサーサイト
page top
CATEGORY : PPV(特番)結果速報
ノーマーシー2008結果速報(2)
DATE : 2008-10-06-Mon
-アンダーテイカーとビッグショーの抗争ビデオ。

5.アンダーテイカー vs ビッグショー
試合内容:序盤はスローな展開。テイカーがオールドスクールを決めようとしたところで、ビッグショーがチョークスラム。しかしこれは2カウント。その後テイカーがDDTで反撃。ビッグショーはターンバックルを外し、金具をむき出しにする。そしてそこにアンダーテイカーを突っ込ませる。そしてダウンしたテイカーの後頭部をビッグショーが殴りつける。テイカーは完全に無抵抗。ここでレフェリーはレフェリーストップを宣告。
勝者:ビッグショー

-試合後ビッグショーは笑顔で退場。ダウンしているテイカーはうつろな眼でやっと立ち上がる。

-バックステージ。HHHがリングに向かっている。

-ファン投票の結果発表。72%がジェフを応援。

-HHHとジェフの抗争ビデオ。

6.<WWE王座戦>
HHH vs ジェフ・ハーディ
試合内容:JRが以前ジェフはHHHを倒してIC王座を手に入れたことがあると紹介。試合序盤、HHHがぺディグリーを狙うが、ジェフが背中越しに投げ、HHHは場外へ落下。そしてジェフはリング上からダイブするが、HHHがこれを回避してジェフは自爆。HHHはジェフをリングインさせ、フォールするが2カウント。その後はHHHの関節技が続く。HHHはアブドミナルストレッチからスリーパー。しかしジェフは何とかHHHを場外に投げて脱出。そして2度目のダイブは成功。そこからはジェフが優勢になる。しかしHHHもスパインバスターを決める。そしてぺディグリーを狙うが、これはジェフが回避。ジェフはウィスパーインザウインドを決めるが2カウント。ジェフは続いてスワントーンボムを狙うが、HHHが回避し、ジェフは自爆。HHHはぺディグリーの体勢に入るが、再びジェフが切り返してツイストオブフェイト。そしてジェフのスワントーンボムがヒット。ジェフがフォールに入るが、HHHが切り返しカウンターの丸め込み。ピン。
勝者:HHH(王座防衛)

-サイバーサンデーのプロモ。

-バックステージ。アーン・アンダーソンがHHHを祝福していると、ウラジミール・コズロフが登場。コズロフはロシア語で何か言った後、「おめでとう」と英語で言い、立ち去る。

-クリス・ジェリコとショーン・マイケルズの抗争ビデオ。

7.<世界ヘビー級王座戦 ラダーマッチ>
クリス・ジェリコ vs ショーン・マイケルズ
試合内容:マイケルズは序盤からスイートチンミュージックを狙うが失敗。2人が場外にラダーを設置。そしてジェリコは別のラダーを持ってマイケルズを殴ろうとするが、失敗し、自分の頭を打ってしまう。その後場外でジェリコがウォールオブジェリコ。そしてリングに戻り、ハシゴを上ろうとするが、マイケルズが阻止。そしてマイケルズがハシゴに登るが、ベルトに手が付いたところで、ジェリコが別のハシゴでマイケルズの脇腹を叩き、マイケルズ落下。そしてジェリコが上ろうとするが、マイケルズが阻止。マイケルズはその後ハシゴにジェリコをぶつけ、さらにハシゴを投げつける。場外のマイケルズは実況席のカバーを外す。そしてハシゴに登り、ジェリコにエルボーを狙うが、ジェリコもハシゴ上へ。そして2人が実況席に落下。その後マイケルズはリングに戻り、ジェリコにダイビングエルボー。そしてスイートチンミュージックの予告に入る。しかしこれはジェリコがハシゴを投げつけ、阻止。ジェリコはライオンサルトを狙うが、今度はマイケルズが回避し、ジェリコは敷いてあったハシゴに自爆。ジェリコはその後ハシゴを上るが、マイケルズがハシゴを傾けてジェリコが場外へ落下。マイケルズもハシゴに登るが、ジェリコがリングに戻り、それを阻止。マイケルズも落下。その後1つのハシゴに両者が登り、ハシゴ上で殴り合い。ここでランス・ケイドが登場し、リングイン。しかしそれに気づいたマイケルズがハシゴ上からケイドに飛び掛り、さらにスイートチンミュージックがヒット。その隙にジェリコがベルトに手をかけるが、マイケルズもハシゴに戻り、接戦に。しかし最後は殴り合いを制したジェリコがベルトを獲得。
勝者:クリス・ジェリコ(王座防衛)

-試合後流血しているジェリコはハシゴから落下。そしてケイドと共に退場していくシーンで番組終了。
page top
CATEGORY : PPV(特番)結果速報
アンフォーギブン2008結果速報(1)
DATE : 2008-09-14-Sun
アンフォーギブン2008結果速報

-オープニング

1.<ECW王座戦 チャンピオン・スクランブル>
マーク・ヘンリー vs マット・ハーディ vs フィンレー vs チャボ・ゲレロ vs ザ・ミズ
試合内容:マットとミズで試合開始。地元出身のミズには半分歓声。フォールがないまま5分経過し、チャボがリングイン。チャボがフロッグスプラッシュでマットをフォール。チャボが暫定王者に。しかしその後マットがサイドエフェクトをチャボに決め、ピン。マットが暫定王者。マーク・ヘンリーリングイン。ヘンリーがチャボにワールドストロンゲストスラム。ヘンリーが暫定王者。フィンレーリングイン。ここで残り5分。マットとフィンレーが共闘してヘンリーを場外へ。フィンレーがマットにケルティッククロスでピン。フィンレー暫定王者。しかし最後にマットがミズにツイストオブフェイト。ピン。そのままタイムアップ。
勝者:マット・ハーディ(新ECW王者誕生)

-レッスルマニア25のプロモ。

-バックステージを王者になったマットが歩いてくると、ジェフが祝福に来る。
マット「俺は遂に王者になった。これでお前が今日勝てば兄弟で王者になれるぞ。」

-バックステージ。CMパンクとHHHがそれぞれウォームアップをしているところ。

-「ヴィッキーはビッグショーをスクランブル戦に出場させるべきだったか?」というファン投票が行われている。

2.<世界タッグ王座戦>
チーム・プライスレス(コーディ・ローデス&テッド・デビアス) vs クライムタイム(JTG&シャド)
試合内容:コーディがムーンサルトを狙うが失敗。JTGがコーディを丸め込むが、デビアスがそれを切り返して、そのままコーディがフォール。
勝者:チーム・プライスレス(王座防衛)

-試合後、2チームで乱闘していると、謎のサモアンレスラー(正体はFCWのアファ・アノイ)が登場し、クライムタイムの2人を倒す。そしてチーム・プライスレスと共に手を上げてアピール。

-バックステージ。ショーン・マイケルズがドクターにテーピングをしてもらっている。

3.<プライドを賭けた非公式戦>
ショーン・マイケルズ vs クリス・ジェリコ
試合内容:ルールは反則、カウントアウト無し。ジェリコがウォールオブジェリコを決めるが、マイケルズが消火器を使ってエスケープ。ここでランス・ケイドが登場し、ジェリコと共にマイケルズを攻める。しかしマイケルズは逆転のスイートチンミュージックをケイドにヒット。続いてマイケルズはジェリコをイスで殴打。その後マイケルズは実況席に2人を乗せ、ロープ上からエルボードロップ。そしてマイケルズはジェリコをリングに戻し、ベルトでジェリコを鞭打ちに。そしてそのベルトを拳に巻きつけ、ジェリコの眼の辺りを執拗に殴打。ここでレフェリーが試合をストップさせ、マイケルズの勝利をコール。
勝者:ショーン・マイケルズ

-試合後もマイケルズはジェリコを攻め続け、引き剥がそうとしたレフェリーにスイートチンミュージック。スタッフが出てきてマイケルズを止める。

-ノーマーシーのプロモ。

-バックステージでコーディ・ローデス、テッド・デビアス、サモアンレスラーの3人が話していると、ランディー・オートンがやってくる。
コーディ「やぁランディ、紹介するよ。彼はマヌー、ワイルド・サモアンズのアファの息子だ。」
デビアス「今日の俺達はどうだった?」
オートン「まだまだだ。俺のように強烈なインパクトを残していないな。」
page top
Copyright © 2005 WWE~天下無双~. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。