WWE~天下無双~
世界最高のスポーツエンターテイメントWWE(ワールドレスリングエンターテイメント)の最新News(ニュース)&速報などのブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
Smackdown!テーピング結果速報(2/28)

オープニング

-バティスタが登場。レッスルマニアの試合を「不快な試合」と呼ぶ。
タイタントロンにテイカー登場!
テイカー「Rest in Peace」(安らかに眠れ)

1.<マネーインザバンク予選>
マット・ハーディー vs ジョーイ・マーキュリー

勝者:マット・ハーディー(マネーインザバンク参戦権)

-バックステージ。
MVP「今日のマネーインザバンク予選は絶対勝ってやる。そしてレッスルマニアに行くんだ。」

2.スコッティー・トゥー・ホッティー&シャノン・ムーア&ジミー・ワンヤン vs デバリ&チャボ・ゲレロ&グレゴリー・ヘルムズ

勝者:スコッティー・トゥー・ホッティー&シャノン・ムーア&ジミー・ワンヤン(ワンがデバリにムーンサルト)

-ビンスが登場。ラシェリーを呼び出す。
ビンスがラシェリーを金で、トランプの代理人を断るように誘うが、ラシェリーは断る。するとビンスはラシェリーにビンタ!ビンスはすぐにリングから立ち去る。

-CM明けのバックステージ。ビンスとケネディが話している。
ビンス「今夜、ラシェリーはケネディ相手にECW王座戦だ!しかもノーホールズバードでな。ラシェリーがもし反則負けなんてことをしたらやつは王座を失うぞ!」

3.アシェリー vs ジリアン

勝者:アシェリー(トップロープエルボー)

-次はベノワとMVPのマネーインザバンク予選試合だとアナウンスされる。

-バックステージ。クリスタルがベノワにインタビューをしていると、そこにフィンレーがやってきて、次の試合に参加することを表明する。マネーインザバンク予選試合がトリプルスレットになる。

4.<マネーインザバンク予選>
クリス・ベノワ vs MVP vs フィンレー

勝者:フィンレー(ベノワを棍棒で殴る)(マネーインザバンク参戦権)

-次週、テイカー vs フィンレー vs ケイン vs バティスタという試合がアナウンスされる。

5.<ECW王座戦>
ボビー・ラシェリー vs ミスター・ケネディ

勝者:ボビー・ラシェリー(ランニングスラム)(王座防衛)

番組終了。

ダークマッチ
バティスタ vs キング・ブッカー

勝者:バティスタ

WWE~天下無双~
Comment 0
スポンサーサイト
page top
ECW結果速報(2/28)

オープニング
ビンスとトランプのこれまでの抗争の軌跡が流される。

スタイルズ「今夜のメインイベントはラシュリーvsホーリーのECW王座戦です!」

リング上に金網がセットしてある。

1.<マネーインザバンク予選> エクストリームルール
サブゥー vs ミスター・ケネディ
試合終盤:サブゥーがケネディを場外のテーブルに乗せる。リングに置いたイスを踏み台にトップロープ越しにダイブ!しかし自爆してしまう。そのままケネディがDDT!ピン。

勝者:ミスター・ケネディ(マネーインザバンク参戦権)

-バックステージ。ビンス到着。

2.ボールズ・マホーニー vs マット・ストライカー

試合終盤:スニツキーが乱入し、マホーニーにビッグブート!反則裁定が下る。(なぜかストライカーの勝利。)

勝者:マット・ストライカー

その後、スニツキーはストライカーにもブート!

-バックステージ。
ビンス「今夜の王座戦でもしラシェリーが5分以内に勝利できなければ王座はハードコアのものだ。」

3.ケビン・ソーンw/アリエル&マーカス・コンヴァンw/イライジャ・バーク vs トミー・ドリーマー&ロブ・ヴァン・ダムw/サンドマン

試合終盤:ケビン・ソーンがRVDにダークキス!ピン。

勝者:ケビン・ソーン&マーカス・コンヴァン

-バックステージ。レベッカがホーリーにインタビュー。
ホーリー「俺を5分で倒せるやつなどこの世にはいない。ということで新しいECW王者は確定的だ。」

4.CMパンク vs スティービー・リチャーズ

勝者:CMパンク(アナコンダバイス)

-エクストリーム・エクスポーズ。
ケリーケリー、レイラ、ブルック

-WWE殿堂入りの発表
3人目は「ジェリー”ザ・キング”ローラー」

金網が降りてくる。

5.<ECW王座戦>金網戦
ボビー・ラシェリー vs ハードコア・ホーリー 

試合終盤:ビンスとウマガが登場。ラシェリーは残り30秒くらいのところでハードコアをピン。

勝者:ボビーラシュリー(王座防衛)

試合後ラシェリーは場外にいるウマガとにらみ合う。
そしてラシェリーが金網に向かって突進すると、ウマガ側の
金網がはずれ、そのままウマガを押しつぶす!

番組終了

WWE~天下無双~
page top
-WWEはこのたびECW所属だったテストを解雇しました。テストはこの数ヶ月間謹慎中だったということ。
 テストが「ECWが始まった頃はとても楽しかったが、ヘイマンが去ってしまってからECWはうまくいかなくなった。」と言っています。

-今週のRAWの視聴率は4.3%でした。(かなり良いほうの数字だということです。)

-Smackdown!の視聴率は18~34歳の部門でこの1年間のトップになったそうです。

-今週の土曜日にSmackdown!単独開催のPPV「グレート・アメリカン・バッシュ」の前売りが始まるそうです。

-TNAのスーパースター達がメジャーリーグのカージナルスのキャンプ地を訪れたようです。

WWE~天下無双~
page top
RAW結果速報

オープニング
ビンスとトランプのこれまでの抗争の軌跡が流される。

1.<世界タッグ王座戦>
ジョン・シナ&ショーン・マイケルズ vs Rated-RKO(エッジ&オートン)

王者組が入場し終わった後、タイタントロンの画面にエッジ&オートンが登場。
「まだ準備が出来ていないからこの試合は延期にしてくれ。」
「シナよ、言っとくがHBKは嘘つきだ。元相棒のマーティ・ジャネッティ、ディーゼル、Xパックを裏切ったときのように、そしてブッカーTやホーガンのようにキックを決められるぜ。お前が油断してるとよ。」

-ミック・フォーリーの本のCM

2.<マネーインザバンク予選>
ジェフ・ハーディー vs シェルトン・ベンジャミン 

試合終盤:ベンジャミンがトップロープに上るが、転落。そこをジェフがフォールするが決まらず。しかしジェフは立て続けにツイストオブフェイト→スワントーンボム。ピン。

勝者:ジェフ・ハーディー(マネーインザバンク参戦権)

-今年のマネーインザバンク戦は8人で行われることがアナウンス。
現在出場が決まっているのは4人(エッジ、キング・ブッカー、CMパンク、ジェフ・ハーディー)

-ビンスが画面に登場、トランプの顔写真で遊んで、侮辱する。

-バックステージ。メリーナがアシュリーについて愚痴をこぼしている。来週のRAWでミッキーとフォールズカウントエニウェアマッチで王座戦をすることを発表、今日はマリアと試合をすると発表する。ナイトロは聞いてはいるものの、先週マネーインザバンク予選での敗北でイラついており、メリーナを黙らせる。

3.ジョニー・ナイトロ vs スーパークレイジー

ゴングがなる前にナイトロが急襲!レフェリーの注意を聞かず暴行を続ける。ノーコンテスト。

4.メリーナ vs マリア

試合終盤:マリアのブロンコバスターを股間蹴りでカウンター。ピン。

勝者:メリーナ


-散髪台がリングに置かれている。ビンスが登場。先週ウマガがミステリオをボコボコにしたことを自慢する。ウマガ登場。
ビンス「トランプは常に人より優れたものを手に入れてきたらしいが、今回ばかりはウマガより優れた代理人を手に入れることは不可能だ!」
トランプがタイタントロンに登場!
トランプ「今回も例外ではない。お前のよりいい代理人を私は手に入れた。」
ECW王者ラシェリー登場!
ラシェリーはウマガに突撃し、場外で乱闘が始まる。実況陣、レフェリーなどの制止も効果なし。

-<マスターロックチャレンジ>
挑戦者:グレート・カリ

マスターズは腕が回らず、マスターロックをかけられない。そうしているとケイン登場!マスターズとカリを倒し、リングに仁王立ちをする。

-バックステージ。重役とビンスが、レッスルマニアのトランプ戦のレフェリーについて話をしている。
重役「これはおそらく並大抵のものではレフェリングすら出来ない試合になるだろう。」
ビンス「だからと言ってあのハゲ頭だけは絶対に使わないからな!」と怒鳴る。

-WWE殿堂入りの発表
3人目は「ジェリー”ザ・キング”ローラー

4.カリート w/トーリー・ウイルソン vs ケニー・ダイカストラ
試合終盤:カリートがターンバックルを使用し、バッククラッカーをヒット。ピン。

勝者:カリート

花道にリック・フレアーが出てきてカリートの勝利を賞賛している。

-バックステージ。ビンスが帰ろうとしている。
コーチ「どちらへ?」
ビンス「明日のECWへ出向いて、ラシュリーを地獄に突き落としてやる!」

5.<世界タッグ王座戦>
ジョン・シナ&ショーン・マイケルズ vs Rated-RKO(エッジ&オートン)

試合終盤:エッジがシナにスピアーを狙う。しかしこれを切り返しシナがFUの体勢に。オートンがレフェリーの見ていないところでシナをベルトで殴ろうとする。それをHBKがカットしてベルトを奪い、エッジを背後からベルトで殴る。すぐにHBKはベルトをオートンにパス。エッジはオートンに殴られたと勘違いし、言い争いに。シナとHBKが隙を突いてそれぞれにFUとスィート・チン・ミュージックを決め、ピン。

勝者:ジョン・シナ、ショーン・マイケルズ

今回はお互いに勝利をたたえている様子。

来週のRAWで特別レフェリーが明らかになることがアナウンスされる

番組終了

WWE~天下無双~
page top
-現在Smackdown!の実況を担当しているマイケル・コールですが、ジム・ロスに変わってRAWの実況を担当させる。というプランがあるようです。今年のロイヤルランブル戦の実況がマイケル・コールだったのもそれを考慮したといわれています。ちなみにレッスルマニアはジム・ロスみたいです。

-今年のマネーインザバンク戦ですが参加者が2人増えて8人になるかもしれないというウワサ。

-ザ・ロックがアメリカで公開される「Reno 911: Miami」という映画に友情出演しているそうです。

-まだまだ先の話ですがメジャーリーグの今シーズン9月15日のインディアンズvsロイヤルズ戦において先着でトラビス・ハフナー(インディアンズの主砲)がWWE王座ベルトを掲げたボブルヘッドフィギュアを配布するそうです。

-現地で昨日行われたRAWのハウスショーにWWEの下部組織であるDSWのブラッドリー・ジェイ、サモアンファイトクラブ(ソニー・シアキ&アファ)が参加していたことから、彼らの1軍昇格へのトライアウトをやっていたと思われます。

-へクター・ゲレロがインタビューに答えています。
「エディの死はまだまだ痛ましいもので、とても悲しいと思っている。しかし私の夢に出てくる彼の姿はとても元気にやっているよ。」

-ブレット・ハートが現地のラジオ番組に出演時、「WWE殿堂入りをしたのはいいが、WWEは私より先にオーエンを殿堂入りさせてやらなかった。私は彼と彼の家族への配慮が欠けていると思う。」と言っています。

-元WWEのビリー・キッドマンが来日して、日本の興行に参加すると言っています。

-先週TNAのロスターページから削除されたジャッキー・ゲイダですが、まだTNAには所属しているということです。

WWE~天下無双~
page top
-WWEの殿堂入り候補に元AWAチャンピォンのニック・ボックウィンクルが上がっているそうです。

-WWEはビンスの決定により、「観客動員数や番組購入数の思わしくないPPV」にトップクラスの他番組スーパースターを登場、参加させることによりPPV全体の購入数を上げていく方針になったそうです。

-今年のロイヤルランブルのDVDについてくる特典の内容が明らかになりました。
・アンダーテイカーとケインのインタビュー
・2007/1/29RAWでの ビンスとトランプのやり取りのシーン
・2007/1/29RAWでの 世界タッグ王座戦
 Rated-RKO vs シナ&HBK

-最近WWE内部ではTNAへの移籍願望が高い選手が多くなっています。(ハードスケジュール、試合自体の質の低下によるものとみられる)幹部内では日本やメキシコなどの優秀な選手を招待し、一時的にストーリーに参加させることで、最盛期のような活発さを取り戻し、そのような願望を薄めようという思いがあるようです。

-WWEはAAAのラパルカという選手に興味を持っているようです。

-ジム・ロスのブログより
「マーク・ヘンリーはもうすぐ帰ってくる。彼はとても優れた若きアスリートだ、しかしもう1歩ステップアップするためには健康を保つことが彼にとっては1番の条件だ。」
「いつかスティングがWWE殿堂に入ることになったとしても私は驚かない。」
「シルベスター・ターカイはとても優れたアスリートだった。」
「エイミー・デュマ(リタ)が去ったことについては理解している。私は今までどおり彼女のファンだし、そうあり続けるだろう。」

WWE~天下無双~


page top
CATEGORY : WWEから学ぶ使える英語
ストーンコールド・スティーブ・オースチン
DATE : 2007-02-25-Sun
WWEの中でスーパースター達が使っている英語は
ネイティブスピーカーがよく使う、現代っぽいフレーズがほとんどです。
ということで今回から不定期でそんな日常で使えるCoolな英会話フレーズを
ちょこちょこ紹介していきたいと思います。
自分もアメリカ行った時に使いこなせるといいなぁ。

1回目はストーンコールド・スティーブ・オースチンから

That's the bottom line.

(そこんとこが重要だぜ。)

このあと「~cause Stone Cold said so!」と続くんですが
意味は「そこんとこが重要だぜ、なんてったってストーンコールドがそう言ってんだからな。」です。

この「そこんとこが重要だぜ」ってところ、英会話に応用できるんです。
例えば友達と話していて、
自分が一番伝えたいポイントを言った後、「ここ大事ね!」って言いますよね!?
そんな感じで使ったら、とてもネイティブっぽいし、
かっこいいと思います!

みなさんもぜひ機会があったら使ってみてはいかかでしょうか?

WWE~天下無双~
page top
-前回のSmackdown!の視聴率は3.2%でした。

-次回のRAWでシナ&HBK vs Rated-RKO(エッジ&オートン)が予定されています。

-WWEの公式ホームページのSmackdown!のロスターページで
 リトル・バスタードの名前が「ホーンズウォグル」に変わっています。

-アシェリーが3月8日にニューヨークの「Virgin Megastore」という店でサイン会を行うそうです。

-ストーンコールド主演の映画「The Condemned」ですが、なんでも元WWEのネイサン・ジョーンズも出演しているとか。

-先日ミステリオの復帰は近いとお知らせしましたが、予定より少し遅れるかもしれないという医師からの判断が下ったそうです。なんでも夏前後になるとか。

-現在WWEのトライアウトを受けているミスティコですが、所属団体のCMLLはこのことを良く思っていない様子。なんでもミスティコはCMLLに多大な利益をもたらすから、といわれています。

-ジム・ロスのブログより
「マイク・オーサムの死はとてもショックだった。彼は日本やECWですばらしい仕事をしたし、彼のワンナイトスタンド06での試合はとても印象的だった。」
「総合格闘技は個人的にとても楽しんでいるジャンルだ。」
「ザ・ロックはたとえ映画のプロモーションの為だとしてももうリングに戻ってくることはないだろう。彼は今ハリウッドで最も忙しい俳優の一人だから。」

WWE~天下無双~
page top
-ドナルドトランプのインタビューより。
「レッスルマニアで私の代理を務めるのは「リンゼイ」という男だ。アフリカ系の優れた男で、とても強靭な肉体をもっている。」

-WWEではドナルド・トランプがレッスルマニアで負けた場合、どのような髪型にするか決めるためにファン投票を行いました。その結果が現在公式HPにアップされています。
 詳細はこちら
http://www.wwe.com/inside/news/trumphairpoll

-バティスタは個人的にテイカーとのレッスルマニアの決戦において、ヘル・イン・ア・セル戦を望んでいるということです。

-来週のECWでラシェリー vs ハードコア・ホーリーの金網戦が行われる予定になっているそうです。

-今週のECWで再結成した、ラ・レジスタンスですが2人ともECWのロスターページに追加されているので、ECW所属となったとみていいでしょう。

-今週末でレッスルマニアまであと5週間ということになります。

-TNAで元WWEタッグ王者のバシャムズがデビューするかもしれないということです。


WWE~天下無双~
page top
POWER25(2/24)(カッコ内は先週の順位)

1 ジョン・シナ(WWE王者&世界タッグ王者)(2)
2 ボビー・ラシェリー(ECW世界王者)(1)
3 バティスタ(世界ヘビー級王者)(3)
4 ショーン・マイケルズ(世界タッグ王者)(4)
5 ウマガ(WWEIC王者)(7)
6 アンダーテイカー(6)
7 ジェフ・ハーディー(5)
8 エッジ(9)
9 クリス・ベノワ(WWEUS王者)(8)
10 キング・ブッカー(12)
11 CMパンク(13)
12 ミスター・ケネディ(11)
13 ランディー・オートン(10)
14 グレート・カリ(14)
15 ケイン(15)
16 ロブ・ヴァン・ダム(16)
17 リック・フレアー(18)
18 カリート(21)
19 ポール・ロンドン&ブライアン・ケンドリック(WWEタッグ王者)(23)
20 デュース&ドミノ(17)
21 ジョニー・ナイトロ(19)
22 チャボ・ゲレロ(WWEクルーザー級王者)(New)
23 イライジャ・バーク(22)
24 メリーナ(WWE女子王者)(New)
25 フィンレー(New)

WWE~天下無双~
page top
Copyright © 2005 WWE~天下無双~. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。