WWE~天下無双~
世界最高のスポーツエンターテイメントWWE(ワールドレスリングエンターテイメント)の最新News(ニュース)&速報などのブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
-WWEはレッスルマニア23のメインイベントはシナ vs HBKに決定したそうです。この決定はバティスタとテイカーを落胆されるものと思われていましたが、その両者はメイン戦を食ってやるという気持ちでやる気をみなぎらせているそうです。

-祭典に登場するアーティスト、「ティンバーランド」ですが
WWEの熱狂的のファンということで彼の自作のプロモーションビデオにWWEのディーバを起用することを考えているそうです。

-ストーンコールドの主演映画「The Condemned」の先行プレミアが行われ、ストーンコールド本人が登場しました。評判は上々だったようです。

-レッスルマニアのメインイベント3試合のプレビュービデオが現在公式HPで見ることが出来ます。かなり興奮しますよ。こちらから

-昨年のRAWディーバサーチの優勝者、レイラですが年間25万ドルが保障されていたこれまでと違い、かなり年棒は下がると言うことです。

-祭典の会場であるフォードフィールドはメジャーリーグのデトロイトタイガースの本拠地、コメリカパークに隣接していますがその景色が公式HPにアップされています。
その模様はこちら!

-ここ数週間でTNAインパクトの視聴率が徐々に悪化しているようです。考えられる理由はWWEがレッスルマニアに向け盛り上がってきたことが最大の要因として考えられます。

WWE~天下無双~
Comment 2
スポンサーサイト
page top
-WWEはこれまで北米限定だったWWE24/7での番組ネット配信を世界規模に拡大するプランを持っているそうです。これはより世界での市場を広げていくための戦略の一つだということ。

-毎年この季節に行われるWWE主催のゲーム大会ですがPS2の「SmackDown vs. Raw 2007」を使って行われました。前回まで2連覇中だったシャルトン・ベンジャミンでしたが、今回は出場しませんでした。今回決勝にすすんだのはカリートとイライジャ・バークで、優勝したのはバークでした。賞金として2000ドルが贈られました。

-現在TV出演などメディアへの露出を控えているランディー・オートンですが、これはWWEがステロイド疑惑のほとぼりが冷めるのを待っているから。ということです。

-デトロイト市長であるKwame Kilpatrick氏が「レッスルマニアに興奮している」と語ったそうです。

-WWEのストーリーライター達に批判が集まっているということです。理由としては、選手たちを簡単にプッシュしたりそれを止めたりを繰り返しているからだということです。

-ミスター・ケネディがインタビューに答えています。
「プロレスの道に入ろうとしたとき、家族には反対されたが、試合に招待して、俺がやっているところを見てもらったんだ。そうしたらOKしてくれたよ。」
「この世界での転機はOVWでデバリとやった試合をヘイマンや(トミー)ドリーマーに見てもらったときなんだ。」

-現在TNAに参戦中のスティングですが、どうやら本人は昨年限りで引退するつもりだったということです。彼をもう1度この世界に引き戻したのは、周りの人達の説得だったということ。

WWE~天下無双~
page top
-次々に決まっているWWE殿堂入り受賞者の紹介者ですが、オリジナルシークの紹介者は彼の甥でもあるサブゥーが務めます。

-現在、レッスルマニア23での試合が決まっていないフレアーやカリート、そしてWWEタッグ王者のロンドン&ケンドリックですが、どうやら祭典で複数のタッグチームによるバトルロイヤル戦が組まれる可能性があるそうです。

-マット・ハーディーがレッスルマニアの行われるフォードフィールドを訪れたときの写真が公式HPにアップされています。その模様はこちら!

-ジェフ・ハーディーがインタビューに答えています。
「マネーインザンク用に過去のビデオを見て動きを研究している。中でもベンジャミンとRVDのムーブはとても参考になる。」
「子供の頃あこがれていたレスラーはアルティメットウォーリアーだ。しかしすぐにショーン・マイケルズに変わった。」

-本日はWWEファンアクセスツアーはカナダに訪れました。

-トミー・ドリーマーが祭典で戦えるという夢が遂に適ったと語ったそうです。(個人的にもすごくうれしいです。)

-先日WWEを解雇になったジョーイ・マーキュリーですが、問題となっていた薬物克服が可能ならば、復帰は有り得るということです。

-マイナー団体のシャンテール・テイラーというレスラーがWWEのトライアウトを受けるそうです。

WWE~天下無双~
page top
CATEGORY : 新着News(ニュース)/噂
レッスルマニア23決定済みカード
DATE : 2007-03-29-Thu
レッスルマニア23決定済みカード

祭典まであと3日を切りました。

<世界ヘビー級王座戦>
バティスタ vs アンダーテイカー

<WWEヘビー級王座戦>
ジョン・シナ vs ”HBK”ショーン・マイケルズ

<億万長者対決 負けたら坊主戦>
ボビー・ラシェリー(ドナルド・トランプ)vs ウマガ(ビンス・マクマホン)

<マネーインザバンク戦>
キング・ブッカー vs CMパンク vs マット・ハーディー vs ジェフ・ハーディー vs
   ランディー・オートン vs ミスター・ケネディ vs ファンレー vs エッジ

<ECW正規軍 vs ECW新世代軍>
正規軍(ロブ・ヴァン・ダム&サブゥー&サンドマン&トミー・ドリーマー) vs
      新世代軍(イライジャ・バーク&ケビン・ソーン&マーカス・コンヴァン&マット・
      ストライカー)

<WWE女子王座戦>
メリーナ vs アシェリー

ケイン vs グレート・カリ

<WWEUS王座戦>
クリス・ベノワ vs MVP(モンテル・ヴォンテヴィアス・ポーター)

WWE~天下無双~
page top
Smackdown!結果速報(3/28)

オープニング

-エッジ登場。
エッジ「今夜マット・ハーディーに勝負を申し込む。」
マット登場。
マットがマイクを持って話そうとするが、エッジがそれをさえぎる。
エッジ「やっぱり代理を立てることにした。こいつだ。」
グレートカリ登場。
カリはマットにネックハンギングボムを決める。
すると炎が上がり、ケイン登場。入場口付近でマイクを持つと「遂に時は来た。」という。

-テディロングがクリスタルと話している。
何かのお祝いについて計画している模様。

1.ミスター・ケネディ vs フィンレー

試合終盤:ニアフォール後、フィンレーがレフェリーに言い寄る。その間にホーンズウォグルが出てきて、小さなハシゴをセット。そこからセントーンでケネディにダイブ。そしてフィンレーがそのままケルティッククロス!ピン。

勝者:フィンレー

2.MVP vs 地元のレスラー

MVP「今夜の相手もヘビー級王者だ!」

勝者:MVP(プレイメイカー)

3.ジェフ・ハーディー vs ランディー・オートン

試合終盤:オートンが試合を掌握していたが、エッジがリングサイドに登場すると、オートンが気を取られる。その隙にジェフが丸め込んでピン。

勝者:ジェフ・ハーディー

4.アシェリー&キャンディス&マリア&トーリー&ミッキー vsクリスタル&ビクトリア&ミシェル・マクール&メリーナ&ジリアン

試合終盤:入り乱れての攻防になるが、アシェリーがジリアンを丸め込んでピン。

勝者:アシェリー&キャンディス&マリア&トーリー&ミッキー

5.CMパンク vs キング・ブッカー

勝者:CMパンク(丸め込み)

-JBLがリングに上がる。
JBL「今日は祭典のメインイベンターであるバティスタとテイカーにインタビューしようと思う。」
そこにオースチンのテーマがヒット!
そのままJBLにスタナーを決める。
ビールを飲みながら再度スタナー!!

-テディロングがセキュリティを引きつれ登場。
バティスタとアンダーテイカーにインタビューを行う。
バティスタ、テイカー登場。
バティスタ「もうお前のことは尊敬なんかしていない。」
テイカーは返答はせず、乱闘をしかける。
その中バティスタはテイカーにスパインバスターを決める!
バティスタはそのまま笑いながら退場するが
リング上のテイカーが上体を起こし、バティスタを睨みつけている。

番組終了

WWE~天下無双~
page top
ECW結果速報(3/28)

オープニング

-先日のRAWでラシェリーがビンスに負けた場面のビデオが流れる。

1.ロブ・ヴァン・ダム vs イライジャ・バーク

試合終盤:バークは「R・V・D」のポーズの真似をしてRVDをからかう。そこからバークはイライジャ・エクスプレスを狙う。しかしRVDはそれをかわし、ファイブスターフロッグスプラッシュ。ピン。

勝者:ロブ・ヴァン・ダム

試合後、ECW新世代軍が現れ、RVDを急襲する。すぐに正規軍のメンバーが助けに入る。

-エクストリームエクスポーズ。
ケリーケリー、レイラ、ブルック

-バックステージ。エッジがCMパンク、ハーディーズと話している。
エッジ「俺に協力する気はないんだろう。なら勝手にしやがれ。」

2.スニツキー vs ボールズ・マホーニー

試合終盤:スニツキーが試合を完全掌握。ビッグブーツが決まって、ピン。

勝者:スニツキー

-バックステージ。フィンレー、ケネディ、キングブッカー、オートンが話している。
フィンレー「いつも上手くいっているところに水をさすのはブッカー、お前だろ。」
ケネディ&オートン&ブッカー「それはお前のほうだぜ。」
ブッカー「今夜は誰の助けもいらないからな。」
フィンレー「誰もお前を信用なんかしていないさ。」

-事前に撮影されたビンスとラシェリーのやりとり
ビンス「私は今日は本社にいるから、お前にとってはラッキーだったな。」
ラシェリー「いいか、くそ野郎。祭典でお前は坊主になることを忘れるな。」

3.フィンレー&ケネディ&キングブッカー&ランディー・オートン vs CMパンク&エッジ&ハーディーズ

試合終盤:エッジがCMパンクに交代した後、リングから退散してしまう。最終的に全員入り乱れて、技の打ち合いになるが、最終的にブッカーのシザーズキックがパンクに決まり、ピン。

勝者:フィンレー&ケネディ&キングブッカー&ランディー・オートン

試合後、ブッカー達のチームが乱闘を始める。そこにハーディーズがハシゴをリングに持ち込んでブッカー達を攻撃!そしてリング上にぶら下げてあったブリーフケースを取ろうとハシゴを上る。だが2人同時に掴んでしまい、2人はにらみ合う。

番組終了。

WWE~天下無双~
page top
-WWE殿堂入り式典でJRの紹介者を務めるのは彼の親友でもあるストーンコールドに決定しました。またミスターフジの紹介者を務めるのは、殿堂入りを果たしているドン・ムラコになりました。

-昨日のRAWの速報視聴率は3.9%でした。

-ストーンコールド主演の映画、「The Condemned」の小説が本日全米で発売されました。

-昨日発表されたジョーイ・マーキュリーの解雇ですが、主な理由としてはステファニー・マクマホンと口論になり、彼女に向かって暴言を吐いたのが大きいそうです。

-現在ヒザの痛みに悩んでいるケインですが、おそらく祭典後に数ヶ月の休暇を取ることになるだろうということ。

-元タッグ王者のロン・シモンズですが、なんとアメリカの大学フットボールの殿堂入り候補者に名前が上がっているそう。なんでもフロリダ大学在学中は全米レベルのディフェンスプレーヤーとして活躍していたそうです。

-WWEとミスティコの契約のウワサにより最近よく名前が挙がっているCMLLですが、WWEは同じくCMLL所属のショッカーにも目をつけている模様。

WWE~天下無双~
page top
RAW結果速報(3/27)

オープニング

コーチ登場。
コーチ「今夜のビンスとラシェリーの試合に変更を加える。試合はノーDQ戦で、介入したらRAWを出場停止処分になる!」
ストーンコールド登場。
オースチン「邪魔して悪いな。ちょっと自宅に手紙が届いたものでな。トランプからかと思ったぜ。」
コーチ「おいおい、トランプから金でももらったのか?お前はビンスと昔からの仲だろう。」
オースチン「違うな、その手紙はスタンフォードから来た。そう、ビンスのオフィスからだ。バカらしいか?」
コーチ「そ、そんなことはない。」
オースチン「ビンスは俺を出場停止にしたがってるな。しかし、逆に奴をここに連れてきてほしい奴がいたら、Give Me a Hell YEAH!!」
観客「Hell YEAH!」
コーチ。「おいおい、ビンスはこの試合内容のことについて何も関係ないぞ。」
オースチン「それなら祭典でラシェリーとウマガが俺の言うことを聞かなければ、あいつらのケツは俺が蹴り上げる。余計な手出しはするな。」
ビンス「わかった。それはそうと、ビンスやトランプと違って俺たちは2人とも剃り頭だ。いけてるよな。」
笑いながら見合った後、ストーンコールドスタナー!
オースチンはトラックで退場。

-ビンスのリムジン到着。
ビンスが通路を邪魔しているトラックに向けて暴言を吐くと、窓からオースチンが顔を出す。そして中指を立ててみせる。

1.トーリー・ウィルソン&キャンディス&アシェリー vs ジリアン&ビクトリア&メリーナ

勝者:トーリー・ウィルソン&キャンディス&アシェリー(アシェリーがジリアンを丸め込み)

-この試合、勝者チームは全員がプレイボーイのカバーガール。

2.CMパンク vs ケニーダイカストラ

勝者:CMパンク(ニーアタック)

試合後、エッジが登場し、パンクをカッティングエッジのゲストに指名する。

-カッティングエッジ
ゲストはマネーインザバンク出場者全員。
途中でエッジの挑発的態度にパンクが切れ、乱闘が始まるが、エッジとオートンはすぐにリングから抜け出す。

-バックステージ。マリアがシナにインタビュー。
シナ「祭典では色々な奴がベストを尽くすだろうが、俺のゴールはもっと先にある。祭典後、一人の男が全てを手に入れている。The Champ is here!」

3.ビンス・マクマホン vs ボビー・ラシェリー

ゴングがなると、ビンスはラシェリーを挑発しながらリングから出て行く。そうするとケイド&マードックが登場。ラシェリーは2人を撃破する。その後もマスターズ、ナイトロと登場するが効果なし。最後にウマガが出てくる。そこでラシェリーの隙を突いてビンスがローブロー!そしてウマガのボディスプラッシュ、サモアンスパイクが決まり、ビンスがカバーしてピン。

勝者:ビンス・マクマホン

試合後、さらにサモアンスパイク!

-バックステージ。トッドがビンスにインタビューしていると、カツラをつけたユージンが登場。
ビンス「いいか、祭典ではトランプもこのようになるんだ!」とユージンのカツラを取る。
そしてリムジンで会場を去る。

4.ハーディーズ vs ミスター・ケネディ&ランディー・オートン

勝者:ミスター・ケネディ&ランディー・オートン(オートンがマットにRKO)

-WWE殿堂入りの発表。
最後の受賞者はジム・ロス


5.グレート・カリ vs リック・フレアー

試合終盤:カリが圧倒しているとカリートが乱入し、フレアーを救出。

勝者:グレート・カリ(反則裁定)

試合後、カリはカリートにネックハンギングボムを決める。そこにケインが登場!ケインはフック付きチェーンを持っている。カリはそれを見てリングを去る。

-バックステージ。
HBK「シナと戦うのはこれが初めてになるが、6日後には俺がWWE王者だ。」

-スティーブ・Oというコメディアンがリングサイドにいる。

-億万長者対決の勝者予想をセレブにしてもらっているビデオ。

6.ジョン・シナ&ショーン・マイケルズ vs バティスタ&アンダーテイカー

試合終盤:バティスタがシナにバティスタボムを食らわせようとすると、テイカーがHBKを投げつけて邪魔をする。おそらく先週の復讐。そしてそのままテイカーは去ってしまう。孤立したバティスタにシナのFU、HBKのスィートチンミュージックが決まり、ピン。

勝者:ジョン・シナ&ショーン・マイケルズ

試合後、HBKがシナにスィートチンミュージック!

番組終了。

WWE~天下無双~
page top
-本日付けでWWEはジョーイ・マーキュリーを解雇しました。
ナイトロはこれから完全にシングル路線でいくことになります。

-WWE殿堂入り最後の一人はジム・ロスでした。
今年殿堂入りするのはこちらの方々。
ダスティー・ローデス、カート・ヘニング、ジェリー・ローラー、ニック・ボックウィンクル、ミスターフジ、オリジナルシーク、ザ・ワイルドサモアンズ、ジム・ロス。

-レッスルマニア23での女子王座戦は試合形式がランバージルマッチに変更されました。これはランバージャックの女子版ということ。

-先日WWEから解雇されたと伝えられたECWのレベッカですが、実は自ら退社を頼み込んだそうで、WWEからは復帰の席はいつでも用意していると言われたそうです。

-今年殿堂入りを果たすアメリカンドリーム・ダスティー・ローデスですが、紹介者は彼の息子たちになるということ。元ゴールダストのダスティンとコーディーというもう一人の息子だと言うこと。

-先日からRAWに登場していないリリアン・ガルシアですが、自身のHPで理由はスキー中に負ったヒザの怪我ということを発表しています。

-レッスルマニア24は正式にオーランドの「シトラスボウル」で行われることが決定しました。

WWE~天下無双~
page top
-明日のRAWでは2つのビッグマッチがアナウンスされています。
ジョン・シナ&HBK vs バティスタ&アンダーテイカー
ボビー・ラシェリー vs ビンス・マクマホン

-WWE殿堂入りを果たしているボビー“ザ・ブレイン”ヒーナンが、今年の殿堂入りを果たすニック・ボックウィンクルの紹介者を務めます。

-レッスルマニア23にはルダクリスとティンバーランドという歌手が参加するようです。

-イギリスではレッスルマニア23のコマーシャルが駅でも流れているそうです。そしてDJが祭典について話しているんだとか。

-リック・フレアー率いるWCW最強チームのひとつ、フォーホースメンのフィギュアがWWEから5月1日に発売されるそうです。

-ケイン主演の映画「See No Evil」はAFIが選ぶワースト映画ベスト100の73位に選ばれたそうです。

WWE~天下無双~
page top
Copyright © 2005 WWE~天下無双~. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。