WWE~天下無双~
世界最高のスポーツエンターテイメントWWE(ワールドレスリングエンターテイメント)の最新News(ニュース)&速報などのブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
-スマックダウンの新コメンテーターはジョナサン・コーチマンに決まったようです。

-現在背中の痛みで休暇を取っているトーリー・ウィルソンは、自身のブログで「全然良くなっていないし、むしろ悪くなっているようにも思える。今は新しい治療法を探しているところで、早く通常の生活に戻りたい。」と話しています。

-ジム・ロスが最新のブログ投稿で
「今の市場で、トップスターになるレスラーは別に6.2フィート(188センチ)や250パウンド(113キロ)もの体格がある必要はないと思う。」
「観戦する立場から言って、アナウンサーが時間稼ぎのために叫ぶ必要はあるだろうか?」
「現在はクルーザー級はあまり重視されていないように思える。」
「ここ何年もゴードン・ソリエの殿堂入りを推薦している。会社の何人かは共感してくれている。」
などと言及しています。

-カナダの「Much More Music in Canada」局は、「Hogan Knows Best」を1月1日の午後1時から深夜まで連続放送するそうです。


<最後に>
アメリカ時間ではまだ30日ですが、年末のご挨拶とさせていただきます。
 今年の2月に始めたWWE~天下無双~は開始当初(レッスルマニア後から特に)から多くの皆様に見て頂いていました。今年中盤には管理人の留学渡米、そしてパソコンの故障などもあり更新を数ヶ月ストップし、大変なご迷惑をおかけしてしまいました。しかし10月に更新が再開できるようになり、また多くの皆様にご覧いただけるようになりました。また来年も1WWEファンとして、いいサイト作りが出来るように頑張りたいと思います。本当にありがとうございました、また来年もよろしくお願いいたします。         管理人 K.K.Kaz
Comment 3
スポンサーサイト
page top
RAW結果速報(12/31)(30日テーピング)

-オープニング

-リック・フレアーのキャリアハイライトビデオ

-ランディー・オートンの2007年ハイライトビデオが流れ、オートン登場。
オートン「俺にとって2007年は素晴らしい年だった。WWE王座も獲得し、正真正銘のナンバー1になったんだ。」
ジェフ・ハーディー登場。
ジェフ「じゃあ俺が2週間前にお前にしたことを見せてやろう。」
2週間前のRAWでジェフがオートンからピンフォールを奪ったときのビデオ。
オートンはRKOを狙うが、ジェフが切り返し、逆にRKO。

-リック・フレアーのビデオ

-来週のRAWはルーレットで試合内容が決定されるというアナウンス

-バックステージ。ハーディーズがいる。
マット「俺はもう大丈夫だ。それよりお前は人生最大のチャンスを得た。もしお前がロイヤルランブルでWWE王座を奪ったら、俺に挑戦させてくれ。」
ジェフ「いいぜ。」

1.ショーン・マイケルズ vs ミスター・ケネディ
試合内容:拮抗したいい試合。最後はHBKがコーナーに上ってエルボーを決めようとしたところをケネディが捕らえ、セントーンボムでピン。
勝者:ミスター・ケネディ

-バックステージ。ビンスがHHHをオフィスに呼び出す。
ビンス「HHH、お前はフレアーを勝たせるつもりだろう。フレアーはお前の友だからな。しかしもしお前がフレアーに負けたら、お前はロイヤルランブル戦に参加できない。」

-イラク公演のビデオ。

2.<ロイヤルランブル予選>
ウマガ vs ハクソー・ジム・デュガン
試合内容:ウマガが圧倒。最後はデュガンのタックルをかわし、サモアンドロップでピン。
勝者:ウマガ

-バックステージ。ビンスとフレアー。
ビンス「名残惜しいがお前も今日で引退だな。」

-JBLの復帰予告ビデオ。

-JBLがリングにリムジンで登場。天井から紙ふぶきが舞っている。
JBL「久しぶりだな。俺は復帰することにした。なぜなら俺にはパワーがあることを証明しなければならないからだ。」
クリス・ジェリコ登場。ジェリコはそのままJBLに突進し、乱闘を始める。レフェリー達がやってきて、彼らを引き離そうとする。

3.<WWE女子王座戦>
ベス・フェニックス vs ミッキー・ジェームズ
勝者:ベス・フェニックス(王座防衛)

4.ホーンズウォグル vs ウイリアム・リーガル
試合内容:ビンスがリングサイドでリーガルにブラスナックルを渡し、ウォグルを殴るように命令。しかしリーガルはなかなか逃げ回るウォグルを殴れない。ウォグルはエントランスのほうに逃げる。
結果:ノーコンテスト

-ビンスはリングに上がり、リーガルを叱りつける。リーガルが退場するが、ビンスは「これはリーガルの試験だった」と説明する。

5.ジェフ・ハーディー vs サンティーノ・マレラ
試合内容:試合序盤に、エントランス画面にオートンが登場。そこで試合がストップ。
結果:ノーコンテスト
画面のオートンは、バックステージにいるマット・ハーディーを襲撃する。それを見たジェフが急いでバックステージに向かう。

6.リック・フレアー vs HHH
試合内容:HHHはなかなか攻撃できないが、フレアーが攻めるにつれて本気になり始める。しかしフレアーのフィギュアフォーレッグロックが決まる。ここでリーガルが乱入し、フレアーを攻撃。HHHの反則が取られる。
勝者:リック・フレアー

番組終了
page top
-次回のスマックダウンから、エッジの保持している世界王座にロイヤルランブルで挑戦する権利を賭けた、ビート・ザ・クロック戦(一番早いタイムで勝利したものが優勝)が開催されると言うこと。

-本日(現地時間30日)に発売されたロイヤルランブル(ニューヨーク、マジソンスクエアガーデンで開催)のチケットは完売したとのこと。

-現地ではロイヤルランブルはHD放送でも見られるようになりますが、HD放送は視聴料が49.99ドルと、標準放送(39.99ドル)より割高だということ。標準放送でも見ることは出来ます。

-アルマゲドンでジェフがHHHに勝利した理由は、レッスルマニアまでHHHの王座挑戦を取っておくためという理由が浮上しています。

-ランス・ケイドがハウスショー中に左肩をケガしたそうです。トレーナーの話によると、約1ヶ月から1ヵ月半の欠場になるとみられています。

-WWEとミスティコとの契約に関する続報ですが、ミスティコは現在メキシコで年間400試合というハードスケジュールをこなしているため、WWE離脱者の多くが口にする「スケジュールの過酷さ」は問題にならないとされています。

-WWEの今後のDVD発売予定です。
2/12: The Legacy of Stone Cold Steve Austin
3/25: Triple H: The King of Kings
5/6: Evolution of the Hardys
6/3: The Rock
7/8: Best of Starrcade
8/5: 20-disc SummerSlam Anthology
8/5: Life and Times of Mr. Perfect
11/4: Edge
11/18: RANDY SAVAGE: MACHO MADNESS
12/9: STING
page top
-明日テーピングが行われる31日放送のRAWの試合に
ランディー・オートン&JBL vs ジェフ・ハーディー&クリス・ジェリコが追加されているそうです。

-レッスルマニア24のプランとして、共にレッスルマニア無敗を誇るアンダーテイカーとエッジを戦わせるというものがあるそうです。

-先月腫瘍摘出の手術を行ったマット・ハーディーは感染症のため、12月8日に再入院していたことがわかりました。抗生物質投与後、12日に退院したそうです。

-ロイヤルランブル2008はWWEPPV初のHD(ハイ・ディフィニション)放送になるということです。

-そのロイヤルランブルのチケットは、明日(現地時間29日)の10時に発売されます。

-WWEは来年1月8日に、レイ・ミステリオの新DVD、「Best of Rey Mysterio Jr.」を発売するそうです。

-約10ヶ月前にウワサになっていたミスティコのAAAからWWEへの移籍話ですが、ここにきてWWEは再度獲得の意思を示していると言うウワサ。来年に初の南米ツアーを予定しているWWEにとって、カリートやコフィ・キングストンと共に中南米の人気選手を抱えることは重要なようです。

-今週のECWとスマックダウンで放送された「Best of 各番組」シリーズですが、RAW版はイラク公演放送があったため、ヒート枠での放送となったそうです。

-WWEは年明けの3日にアイオワ州の高校で選挙への投票を促進するキャンペーンを行うと言うこと。
page top
-現在リハビリ中のジョン・シナですが、かなり順調な様子で、レッスルマニア24に間に合うのではないかと言われ始めているようです。

-今週のRAW(イラク公演)の平均視聴率は2.5%でした。

-最近発売したスーパースターDVDの売り上げです。
・「Shawn Michaels :Heartbreak and Triumph」:26758枚
・「John Cena :My Life」:36263枚
・「Rey Mysterio: Biggest Little Man」:23719枚

-12月26日にニューヨークで行われたハウスショーで、バティスタが入場する際に、ファンがバティスタに対し暴言を吐いたそうです。(つばを吐いたともされています。)バティスタは反応しなかったそうですが、試合後にその観客のところに行き、怒りをあらわにしたということ。レフェリーや対戦相手のエッジが止めに入ろうとしたものの、最後はバティスタとそのファンが握手をして終わったそうです。

-そのハウスショーのメインは、破壊兄弟(アンダーテイカー&ケイン) vs ビッグ・ダディ・V&グレート・カリでした。結果はカリへのダブルチョークスラムで、破壊兄弟の勝利でした。

-新発売された「WWE: Raw Greatest Hits The Music」には輸入版(おそらく北米版)に、ミスター・ケネディとメリーナの入場曲がボーナストラックとして挿入されているようです。

-先日TNAを解雇されたロン・キリングス(WWE時代はKクイック)が解雇後初めてとなるインタビューに答えています。
「解雇後は、色々な映画のオーディションを受けていた。だがレスリングに戻ることをもちろん考えている。」
「今はもう大丈夫だが、TNAが俺をキープしようとしなかったことについては衝撃を受けた。」
「現在はちょっと違うことにも挑戦したいと思っている。」

-ロブ・ヴァン・ダムは今週金曜日にブッカーTの団体であるPWAの興行に参加するようです。これはRVDがWWE離脱後、WWE以外のリングへの初登場になります。

-RAW15周年記念特番に登場した元ディーバのサニーは地元団体WSUでこの度王座を奪取した模様。

-FCWはこの度レイシー・フォンエリックを事実上解雇したというウワサ。既にロスターから外れており、本人の実力が伴っていなかったからと言われています。
page top
-今週(今年最後)のECWとスマックダウンは、WWE2007年総集編を放送するようです。

-RAWを放送しているUSAネットワークは、ザ・ロックの出演している「The Game Plan」という映画の契約を買い取ったと言うこと。これにより、同局が映画の宣伝のため、ロックをRAWに登場させようと働きかけるのでは、と言われています。

-リック・フレアーは先日WWEと3年契約を結んだと言われていましたが、まだ契約書にサインしていないというウワサ。現契約ではフレアーの契約は1月8日で満了します。

-現在JBLはビンスとかなり親しく、JBLの意見はかなりの確立で採用されていると言うことです。

-Divaのアシェリーは、復帰に際し口のピアスを外し、髪を切ったそうです。

-WWE初のジャマイカ人レスラー、コフィ・キングストンはECWでデビューの予定です。

-最近ブギーマンが登場していないことについて、特に怪我はしていないようですが、ECWライター陣の責任者であるダスティー・ローデスが、「ECWはレスリングを重視すべき」という方針のため、キャラクター重視であるブギーマンを使いにくいのではないかというウワサ。しかし、ブライアン・ゲワルツなどの何人かはブギーマンのキャラクターを好んでおり、もっと起用すべきだと思っているそうです。

-レイ・ミステリオとMVPが元WCWのノーマン・スマイリーとの契約を推薦しているそうです。

-カリートの父親であるカルロス・コロンはWWCのプロモーターを務めていますが、彼はWWCがWWEの2軍団体と正式になることを望んでいて、WWEにその意を伝えていたとされます。しかしWWE側は全くそんな気がなかったことにより、カルロス・コロンは良い様に思っていないようです。

-WWEとボブ・サップが、来年2月の日本公演に出場するという契約に達しそうだということです。しかしこれは日本のファンを集める措置だと考えられており、フルタイム契約ではないとみられています。

-ストーンコールドは、この度、本名のスティーブ・ウィリアムズを「スティーブ・オースチン」に変える手続きを行ったとされています。
page top
-WWE.comのロイヤルランブルの公式ページにある過去の優勝者の項に、クリス・ベノワが入っていないと言うことです。

-WWE.comによると、元アメリカ大統領夫人でもあり次期大統領候補である、ヒラリー・クリントンの兵士達の激励メッセージをWWEイラク公演中に流されたと言うこと。

-ノーウェイアウトで行われる予定のWWE王座挑戦権を賭けたイリミネーションチェンバーですが、現在のところ出場者は、WWE王者ランディー・オートン、ショーン・マイケルズ、ジェフ・ハーディー、ミスター・ケネディ、ウマガ、ボビー・ラシェリーの予定だとウワサされています。

-上記のウワサから推測できる今後の流れ(あくまでウワサ):
・ジェリコがリストアップされていないので、JBLとの抗争が長引く。
・ロイヤルランブルでランディー・オートンが王座を防衛。
・HHHがリストアップされていないので、ロイヤルランブル勝者はHHH。
・ボビー・ラシェリーの復帰。

-最近のジェフ・ハーディーの大プッシュは、WWE上層陣(ビンスやHHHも含む)が、「人気先行型だったが、ジェフの実力がやっと人気に追いついて来た」そして、「観客の受けもいい」と判断したためだと言われています。また、アルマゲドンで行われたHHH vs ジェフ戦は、HHHがジェフを試すためのテストだとも言われており、試合中にHHHがダメだと判断すれば、HHHの勝ちに切り替える予定もあったというウワサ。

-ビンス・マクマホンがカリートを留める為に直々に説得したのは、12月3日のRAW放送後のバックステージだということです。

-先日WWEデビューが確定したコフィ・キングストンは、WWE初のジャマイカ人選手だということ。

-WWE日本公演のカードが一部発表されました。
2/11(祝・月)
クリス・ジェリコvs.ランディー・オートン
DX(HHH&HBK) vs.ウマガ&Mr.ケネディ
ジェフ・ハーディーvs.スニツキー

2/12(火)
15人バトルロイヤル(勝者はWWE王座挑戦)
ショーン・マイケルズ、ジェリコ、ジェフ、ケネディ、ケイド&マードック、コーディ・ローデス、ハードコア・ホーリー出場予定。
HHH vs.ウマガ(ラストマンスタンディング)
リック・フレアーvs.スニツキー
キャンディスvs.ベス・フェニックス
page top
-クリス・ジェリコがRAWで復帰したシーンが、サバイバーシリーズのDVDの特典映像の中に含まれているそうです。

-ストーンコールドが提案としたとされる、リック・フレアーの「負けたら引退」ストーリーは、WWE上層部が、フレアーがトップスターや有望な若手を次々に倒していくのは好ましくないと判断したために却下されたそうです。フレアーは徐々に若手の引き立て役に回るだろうとされています。

-WWEが一度は離脱を決意したカリートを留めたのは、TNAへの流出と共に、中南米での人気があるためだとされています。そしてWWEはカリートにプッシュしていくと約束したため、カリートは考えを改めた、ともウワサされています。

-WWEは近々チャック・パランボをヒールターンさせる予定だということです。

-WWEはこの度、元TNAのアポロとデベロップメント契約を結びました。アポロは休暇明けからFCWでトレーニングを開始する予定だと言うことです。

-Playboy.comが行った、「今までプレイボーイの表紙を飾ったWWEディーバのうちでお気に入りは?」というアンケートの結果が発表されました。
1位 クリスティ・へミー(2005年4月号) 119913票
2位 アシェリー(2007年4月号) 70378票
3位 トーリー・ウィルソン(2003年3月号) 41096票
4位 チャイナ(2000年11月号) 8002票
5位 チャイナ(2002年1月号) 2230票
6位 セーブル(1999年4月号) 1984票
7位 キャンディス・ミッチェル(2006年4月号) 1870票
8位 トーリー&セーブル(2004年3月号) 1266票
9位 セーブル(1999年9月号) 843票

-元WWEのバード・ガン氏の息子が、友人が整備していた銃の暴発で亡くなられたそうです。ご冥福をお祈りします。


*現地放送の今週のRAWは「WWEイラク公演」となります。既に結果をアップしているので、改めて結果をアップする予定はありません。ご了承ください。
page top
-メジャーブラザーズが正式に、カート・ホーキンス、ザック・ライダーと改名しました。プランによると、エッジを中心とする「エッジヘッズ」というユニットを形成するようです。

-JBLの移籍によるスマックダウンのコメンテーター候補に、スマックダウンライター陣のマイケル・ヘイズの名前が挙がっているそうです。しかし役割の掛け持ちは難しいのではないかといわれています。

-ビンス・マクマホンが先日オピー&アンソニーショーというラジオ番組に電話で出演、その際に「ある意味でイラク公演はレッスルマニアよりも大きな意味を持つものだ」と答えたそうです。

-ロイヤルランブル2008の公式サイトがオープンしました。こちら。
現在決まっている試合は、オートン vs ジェフのWWE王座戦となります。

-今年のディーバサーチ優勝者、イヴ・トレスはクリスマス休暇の後から、OVWでトレーニングを開始する予定だと言うことです。

-ランディー・オートンに第一子が誕生予定だと言うことです。
page top
-新着のノーウェイアウトのポスターではジェフ・ハーディーがメインになっています。
NoWayOut2008

-現役復帰をするJBLに代わるスマックダウンのコメンテーターを決めるトライアウトがこの数週間の間で行われていると言うこと。タズがスマックダウンに移籍すると言うプランもあるそうですが、最終決定は今月30日になるということ。

-ミスター・ケネディは現在のHBKとの抗争の結果如何で、これからのプッシュ具合が決められるそうです。成功すれば王座へ向けてのプッシュ。失敗すれば、中堅レスラーで脇を固めることになるそうです。ケネディはそれに焦りを感じており、様々な人に意見を聞き、試合のムーブに生かしているそうですが、逆に自信の無さだと周りには取られているそうです。ストーンコールドはケネディを気に入っている一人ですが、彼もまたそう感じでいるそうです。

-ショーン・マイケルズのヒザはかなり悪化しているようで、キャリア最悪の状態ともいうウワサ。

-また、アルマゲドンのUS王座戦の際に、レイ・ミステリオも左ヒザを負傷した様子だったということ。しかしミステリオは大丈夫だと言っていたそうです。

-今週のECWでチャボ・ゲレロが登場したことについて、バックステージではなぜECWに登場し、CMパンクを倒したのかという疑問の声が上がっているということ。

-グレゴリー・ヘルムズの母親が亡くなったそうです。ご冥福をお祈りします。

今週、ストーンコールド(43歳)、トリッシュ・ストラタス(32歳)、ロブ・ヴァン・ダム(37歳)は誕生日を迎えました。

-カナダヤフーのスポーツカテゴリで2007年最も検索された単語は「Chris Benoit(クリス・ベノワ)」だったということ。

-WWEの新2軍団体として注目されているFCWのメイン王座、南部ヘビー級王座に、テッド・デビアス・ジュニアが就いたそうです。

-WWEはこの度、サイラス・ヤングと言うレスラーとデベロップメント契約を結んだそうです。
page top
Copyright © 2005 WWE~天下無双~. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。