WWE~天下無双~
世界最高のスポーツエンターテイメントWWE(ワールドレスリングエンターテイメント)の最新News(ニュース)&速報などのブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
CATEGORY : RAW結果速報
RAW結果速報(11/26)(2)
DATE : 2007-11-27-Tue
-バックステージ。フレアーがHBKの控え室を訪ねる。2人はハグ。
HBK「俺はあんたに引退して欲しくない。だから今日の試合だけは止めるんだ。俺はリック・フレアーのいないこの業界を想像できないんだ。」
フレアー「確かにオートンは調子に乗っている男だ。しかし私はネイチャーボーイ、レジェンド、そして世界最高のレスラーだ。私はリング上で私の全てを見せるつもりだ。もしそれが最後の輝きだとしてもな。」

4.ミスター・ケネディ vs ブライアン・ケンドリック

勝者:ミスター・ケネディ

-試合後、ケネディはHBKにアルマゲドンでの試合を要求する。

-バックステージ。ビンスとホーンズウォグル
ビンス「ウォグル、お前はここ数週間、最高の幸運で勝利を掴んできた。そしてお前の仲間であるフィンレーはカリに叩きのめされた。そしてもう1度アルマゲドンで奴らの試合を組んだ。お前には今日プレゼントとして、アイスとサンドイッチを用意してある。」
ビンスはウォグルを部屋に連れて行く。すると中にはカリートがいて、アイスもサンドイッチもない。
カリートはウォグルを脅す。するとウォグルはスプレーで壁にドアを書き始める。そしてなんとそこから出て行く。カリートは追いかけるが、もちろん出ることが出来ない。
ロン・シモンズ登場。「Damn!!」

5.<WWE女子王座ナンバー1コンデンダー決定戦>
ミッキー・ジェームズ vs メリーナ

勝者:ミッキー・ジェームズ(DDT)

-試合後、ベス・フェニックス登場。しかしミッキーはベスにキスをして退場。

-フレアーが試合用の姿で廊下を歩いていると、HHHに出会う。2人は握手をし、ハグ。
HHH「オートンの奴にあんたが誰かを教えてやれよ。」

6.ランディー・オートン vs リック・フレアー

試合内容:オートンがヘッドロックで追い詰めるが、フレアーのバックドロップ。オートンはRKOを狙うが、フレアーのチョップでフレアーペース。そこからフレアーの足狙いが始まる。フィギュアフォーレッグロックを決めるが、オートンはロープブレイク。オートンはRKOを素早く決めるが、足が痛くてカバーにいけない。オートンはそこからレフェリーの制止を無視し、パンチの連打。そしてRKOの体勢に入るが、ジェリコが登場。オートンがジェリコに気を取られた隙にフレアーがローブロー!そのまま丸め込んでピン。

勝者:リック・フレアー

-試合後、ジェリコがフレアーにハグ。フレアーは退場するが、残ったジェリコはオートンとにらみ合い。

番組終了
スポンサーサイト
page top

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
Copyright © 2005 WWE~天下無双~. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。