WWE~天下無双~
世界最高のスポーツエンターテイメントWWE(ワールドレスリングエンターテイメント)の最新News(ニュース)&速報などのブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
CATEGORY : RAW結果速報
3/17放送RAW結果速報(1)
DATE : 2008-03-18-Tue
3/17放送RAW結果速報

-クリス・ジェリコのハイライト・リールでスタート。ジェリコはIC王座を獲得したことについて話す。そして今夜のゲストであるビッグショーを紹介する。ビッグショー登場。
ジェリコ「ショー、ジェリトロンに注目してくれ。」
ジェリトロンは、先週ビッグショーがメイウェザーをリングから投げ落としたシーンが流れる。
ビッグショー「俺はこれだけでは済ませない。レッスルマニアではメイウェザーの腕だけではなく、全てを破壊してやる。そしてクリス、俺はお前だって倒せるんだぞ。」
ジェリコ「俺は初代統一王者だぜ。お前なんかに倒されはしない。」
ビッグショー「お前はWWE内でのメイウェザーだな。口うるさく、粗野だ。そして自分のことを過大評価しすぎている。どうだ?今夜お前が俺を倒せるか試してみるか?もちろんIC王座を賭けてな。」
ジェリコ「いいだろう。その口を閉じさせてやるぜ。」

-ビンス・マクマホンが画面に登場。
ビンス「私がこれまで生きてきた人生は非常に充実したものだった。ハリウッド・ウォーク・オブ・フェイムにも選ばれたし、WWEの株価も上昇している。2人の孫もいるし、3人目も生まれる。そんな私がこれ以上何を望むと思う?それはリック・フレアーを引退させることだ。今夜私とフレアーのストリートファイトマッチだ。」

1.CMパンク vs カリート
試合内容:非常にいい試合。カリートがペースを掴み、試合を進めるが、最後はパンクのGTSでピン。
勝者:CMパンク

-事前に収録されたビデオが流される。スヌープ・ドッグが登場。
スヌープ・ドッグ「俺はレッスルマニアでバニーマニア戦に登場し、MCを勤めるぜ。さて、話は変わるが、マリアはプレイボーイに出るべきじゃなかった・・・おい、誰がこのカンペを書いたんだ?」
すると画面脇からサンティーノ・マレラが登場。
マレラ「俺だ。俺はお前よりレッスルマニアについて知っているんだ。お前は来るべきではない。」
スヌープ・ドッグ「俺は行くぜ。」

-リングにロンドン&ケンドリックがいる。そこにウィリアム・リーガル登場。
リーガル「レッスルマニアではRAWの代表がスマックダウンの代表と戦います。そこで今夜はあなた達にその代表であるウマガと戦っていただきます。」

2.ウマガ vs ロンドン&ケンドリック
試合内容:ウマガが圧倒し、サモアンスパイクでピン。
勝者:ウマガ

-試合後ロンドンがリングに取り残されてしまう。

-バックステージでHHHとリーガルが話している。
リーガル「今夜はあなたの考えどおり、シナ&オートンがRAWのレスラー全員を相手にします。しかしもしどちらかが裏切って、試合を放棄したらどうするのですか?」
HHH「シナが裏切れば、レッスルマニアでの挑戦権を失い、オートンが裏切れば、奴の王座を剥奪、レッスルマニアではHHH vs シナ戦が行われることになる。」
リーガル「そんなことは出来ませんよ。」
HHH「今夜は俺が責任者だ。それも可能だ。」
リーガル「だとしても、なぜオートンから王座を剥奪した後、自分を王者に指名しないのですか?」
HHH「以前王座を譲与されたときはあまり満足できなかった。だから俺はレッスルマニアと言う舞台で、王座を勝ち取りたいのさ。」

-HHHのレッスルマニアまでの道のりをまとめたビデオ。

-ビンスの「ハリウッド・ウォーク・オブ・フェイム」授与式の様子が流れる。

-バックステージでフレアーとHBKが話している。
HBK「俺が今夜ここにいるのは、あのビンスがあんたを引退させようとしているからだ。」
フレアー「私はビンスに引退させられないし、ショーン、お前にもだ。私が誰だか知っているだろう。ネイチャーボーイだ。ショーン、私はお前と戦う準備は出来ている。だからレッスルマニアまでもう会いたくないんだ。」
HBKは部屋を出て行く。
スポンサーサイト
page top

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
Copyright © 2005 WWE~天下無双~. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。