WWE~天下無双~
世界最高のスポーツエンターテイメントWWE(ワールドレスリングエンターテイメント)の最新News(ニュース)&速報などのブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
CATEGORY : PPV(特番)結果速報
ノーマーシー2008結果速報(1)
DATE : 2008-10-06-Mon
ノーマーシー2008結果速報

-オープニング

1.<ECW王座戦>
マット・ハーディ vs マーク・ヘンリー
試合内容:試合序盤はヘンリーがパワーで圧倒。場外戦でマットを鉄柱に叩きつけたあと、リングでベアハグ。しかしマットがサイドエフェクトで反撃すると、その後マットはヘンリーの左足を集中攻撃。最後はヘンリーが足を気にして攻撃失敗したところをマットがツイストオブフェイトでピン。
勝者:マット・ハーディ(王座防衛)

-今夜のWWE王座戦でHHHとジェフ、どちらを応援するかと言うファン投票の開始。

-バックステージでイブがHHHとジェフ両者にインタビュー。
HHH「今行われている人気投票が唯一ジェフが俺に勝てるものかもな。」
HHHは携帯で自分に投票し始める。
HHH「ジェフ、今夜は素晴らしいAゲームになることを期待してるぜ。」
ジェフ「もちろんそのつもりだ。それだけじゃ終わらない。王座を奪ってやる。」

2.<WWE女子王座戦>
ベス・フェニックス vs キャンディス・ミッシェル
試合内容:ベスはキャンディスが怪我をしていた左肩を狙う。キャンディスは苦しそう。キャンディスも反撃するが、結局最後はベスのフィニッシャーが決まり、ピン。
勝者:ベス・フェニックス(王座防衛)

-バックステージにケインがいる。
ケイン「今夜俺はレイ・ミステリオにリアリティーとは何かを教える。そしてファンはミステリオが仮面を被ったモンスターであるということを知ることになるだろう。」

3.ケイン vs レイ・ミステリオ
試合内容:序盤はミステリオが早さを生かしてケインを翻弄。スリーパーを決めるが、ケインはミステリオを投げる。ケインはその後ミステリオの背中を集中攻撃。ミステリオは逃れようとするが、ケインのサイドバスターがヒット。その後ミステリオが反撃し、ケインを場外へ。そしてミステリオはブランチャを狙ってケインに飛び掛るが、これをリング下のケインがイスで迎撃。反則裁定。
勝者:レイ・ミステリオ

-試合後ケインが退場し、レフェリーがミステリオをチェックしている。

-バックステージをMVPが歩いている。MVPはGM室のドアをノック。するとビッグショーが登場。
MVP「俺はGMに用があるんだ。」
ビッグショー「ヴィッキーには俺から伝える。」
MVP「なぜこの俺に試合が組まれていないんだ。」
ビッグショー「さぁな。俺はテイカー戦に集中したいんだ。帰ってくれ。」
部屋の中のヴィッキーの叫び声が聞こえる。するとビッグショーはドアを閉め、MVPは立ち去る。

-MVPが登場。
MVP「今俺が言いたいのは、なぜスマックダウン最高のレスラーである俺の試合が組まれていないのかと言うことだ。」
ランディー・オートン登場。
オートン「俺とお前の違いは明らかだ。俺はレッスルマニアでHHHとシナ相手に勝利したが、お前は勝利できなかった。」
MVP「俺はスマックダウン所属なんだ。もしRAWにいたらお前だけじゃなく、ロッカールームの全員を倒せるぜ。」
コーディ・ローデス、テッド・デビアス、マヌー登場。
コーディ「ランディー、あんたは怪我をしていて何も出来ていないじゃないか。」
オートン「口には気をつけろ。CMパンクがどうなったか知っているだろ。」
マヌー「お前は何もしていない。お前は俺達がやった後にゴミ箱にパンクを捨てただけだ。」
オートン「これ以上話していてもしょうがない。お前らは俺の成し遂げたことの半分も出来ていない連中だからな。」
オートンは退場。MVPはチームプライスレスに文句を言い始める。
デビアス「確かお前の父親は何でもないじゃないか。俺達はエリートだ。」
MVP「だが俺はお前ら3人よりも稼いでいる。」
デビアス「知らないのか?俺の父親はミリオンダラーマンだ。俺達は金のことを心配などしていない。」
MVPは不満そうに退場しようとすると、CMパンク、コフィ・キングストンが登場。
その隙にリングの3人がMVPを集中攻撃。しかしパンクとキングストンがリングインし、チームプライスレスを排除。パンクとキングストンはMVPとは絡まず、退場。

-バックステージでショーン・マイケルズとクリス・ジェリコがそれぞれウォームアップをしている。

4.<世界ヘビー級王座戦次期挑戦者決定戦>
バティスタ vs JBL
試合内容:短い試合。5分ほどでバティスタがスピアー、バティスタボムを決めてピン。
勝者:バティスタ(王座挑戦決定)

-試合後JBLがマイクを持つ。
JBL「非常に驚いたことになった。俺は今夜バティスタを倒すつもりでいたが、ウォール街でのことのほうが気になって試合に集中できなかったんだ。俺は多額の財産を失うところだったが、議会が費用を出してくれることが分かった。俺の財産を守ってくれたことに感謝したい。」
ここで画面にJBLのリムジンが映る。リムジンの上にはクライムタイム。
そしてサージェント・スローターとディーバ達がリムジンに乗車。全員で「Money Money Yeah Yeah」チャント。JBLは怒り心頭。
スポンサーサイト
page top

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
Copyright © 2005 WWE~天下無双~. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。