WWE~天下無双~
世界最高のスポーツエンターテイメントWWE(ワールドレスリングエンターテイメント)の最新News(ニュース)&速報などのブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
10/6放送RAW結果速報

-オープニング

-クリス・ジェリコ登場。口の周りにアザが出来ている。
ジェリコ「今夜GMのマイク・アダムルはWWE本社のあるコネチカットにいる。だから今夜の責任者は王者である俺だ。俺は昨夜ショーン・マイケルズ相手にラダーマッチで勝利を収めた。マイケルズはもう俺に何も言えないだろう。俺が怖くてしょうがないんだ。しかし代償もあった。」
クリス・ジェリコは口をあけて歯が欠けているのを見せる。
ジェリコ「俺はこんな状態だが、マイケルズには今夜試合を行ってもらう。ランス・ケイドとフォールズカウントエニウェアのノーホールズバード戦だ。」
バティスタ登場。
バティスタ「俺は昨夜JBLを倒してお前への挑戦権を手に入れた。王座戦はいつにする?」
ジェリコ「いつやっても俺が勝つのには変わりないから、そんなこと気にしないぜ。今は俺が話している時間だ。出て行け。」
バティスタはジェリコにスパインバスターをくらわせる。

-バティスタ退場後、ジェリコは今夜バティスタにJBLと挑戦権を賭けた再戦を行わせ、その試合のレフェリーを自分が務めると発表。

-ウィリアム・リーガルとレイラが登場し、リングサイドに座る。

1.サンティーノ・マレラ&ベス・フェニックス vs ジェイミー・ノーブル&ミッキー・ジェームズ
試合内容:ノーブルとマレラの戦いになり、ノーブルが優勢になるが、ベスがノーブルを邪魔し、マレラが丸め込んでピン。
勝者:サンティーノ・マレラ&ベス・フェニックス

-試合後乱闘が始まるが、リーガルとレイラがそれを制止する。

-バックステージでトッド・グリシャムがショーン・マイケルズにインタビュー。
トッド「昨夜の激戦を終えたばかりですが?」
マイケルズ「あぁ、全身傷だらけだ。」
トッド「ランス・ケイドとの試合が決定したことについては?」
マイケルズ「ジェリコはケイドに俺にとどめを刺させようとしているようだが、俺にはまだガソリンが残ってるぜ。」

2.コフィ・キングストン vs テッド・デビアスw/コーディ・ローデス
試合内容:試合途中にCMパンクが登場し、キングストンのセコンドに付く。試合は邪魔しようとしたコーディをパンクが撃退するが、デビアスのミリオンダラードリームからのレッグスウィープが決まり、ピン。
勝者:テッド・デビアス

-バックステージ。ジェリコとランディー・オートンが話している。
ジェリコ「それじゃあ手伝ってもらうぜ。」

-ジョン・シナの怪我とリハビリの様子がビデオで流れる。復帰まで3-4ヶ月かかるだろうと発表。

-バックステージ。ドルフ・ジグラーが歩いている。ケイン、マーク・ヘンリー、トニー・アトラスに出会い、挨拶をするが、無視される。

3.レイ・ミステリオ&マット・ハーディ vs ケイン&マーク・ヘンリー
試合内容:終盤マットとミステリオがスピードを生かして攻勢に出るが、ヘンリーがマットとミステリオを衝突させる。そしてケインがミステリオにチョークスラム。ピン。
勝者:ケイン&マーク・ヘンリー

-試合後ミステリオとケインがにらみ合い。

4.<カウントフォールエニウェア ノーホールズバード>
ショーン・マイケルズ vs ランス・ケイド
試合内容:マイケルズはまだ昨夜の怪我が完治していない様子で、ケイドが攻勢に出る。しかしマイケルズがイスを持つと、ケイドを滅多打ち。ピン。
勝者:ショーン・マイケルズ

-試合後マイケルズは再びケイドをイスで殴り、退場。

-先週のスマックダウンMyNetworkTVデビュー大会は同局史上最高の視聴率を獲得したとアナウンス。そして今週のスマックダウンでHHH vs ビッグショーのWWE王座戦が行われると発表。

-キングがリングに上がる。
キング「現在IC王者であるサンティーノ・マレラが史上最高の王者だと言っている。そこでサイバーサンデーでは本当にそうなのかということを過去の偉大なIC王者相手に戦ってもらう。ファン投票の選択肢はロディー・パイパー、ゴールダスト、ホンキー・トンクマンだ!」

-グレート・カリとランジン・シンが登場。カリがジョニー・ノックスヴィルのTVショーに出演した様子が流れる。
カリ(通訳)「来週俺はノックスヴィルをRAWに招待したいと思う。」
シン「そして今からカリがRAWを楽しんでいることを証明するためにキスカムを行う。」
通常通りにキスカムが行われるが、最後にカメラがリリアンを映し出す。そしてカリはリングを降り、驚いているリリアンにキス。

-ジョン・モリソンとミズが登場し、実況席に座る。

-ジリアンが登場し、ニルヴァーナの曲を歌おうとするがケリーケリー登場。

5.ケリーケリー vs ジリアン・ホール
試合内容:試合中クライムタイムが登場し、実況席前でモリソン達と口論を始める。試合はケリーが丸め込みでピン。
勝者:ケリーケリー

-ジョン・シナが手術後の体で子供達にサービスしているシーンのビデオ。

6.<世界ヘビー級王座時期挑戦者決定戦 特別レフェリー:クリス・ジェリコ>
バティスタ vs JBL
試合内容:リリアンがタイムキーパーはウィリアム・リーガル、ゲスト解説はランディー・オートンだと発表。オートンは実況に加わるが、なぜこんなことをしなければいけないのかと言ってほとんどしゃべらない。試合は一進一退の攻防になるが、ジェリコがJBLがフォールしたときは高速カウント、バティスタがフォールしたときはカウントしない。結局バティスタがJBLとジェリコ2人にスピアー。ここでマイク・アダムルが登場し、別のレフェリーを投入。バティスタはスパインバスター、バティスタボムをJBLに決め、ピン。
勝者:バティスタ

-試合後マイク・アダムルがアナウンスを行う。
アダムル「クリス・ジェリコ vs バティスタの世界ヘビー級王座戦はサイバーサンデーで行う。そして特別ゲストレフェリーはランディー・オートン、ショーン・マイケルズ、そしてストーンコールド・スティーブ・オースチンの中の誰かだ!」
ジェリコが怒っている様子で番組終了。
スポンサーサイト
page top

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
Copyright © 2005 WWE~天下無双~. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。