WWE~天下無双~
世界最高のスポーツエンターテイメントWWE(ワールドレスリングエンターテイメント)の最新News(ニュース)&速報などのブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
ノーマーシー2008結果予想

秋の祭典サバイバーシリーズに向け、シナ、オートンを欠いている状態だが
ノーマーシーのカードとしてはまずまず豪華な面々が顔を揃えている。
メンバー的には問題ないが、試合内容も良いものを期待したい。
そして元王者CMパンクやタッグ王者達はPPVに絡まないのだろうか。

1.<世界ヘビー級王座戦次期挑戦者決定戦>
バティスタ vs JBL

2.<ECW王座戦>
マット・ハーディ vs マーク・ヘンリー

3.<バトル・オブ・マスクマンズ>
ケイン vs レイ・ミステリオ

4.<怪人 vs 巨人>
アンダーテイカー vs ビッグショー

5.<WWE女子王座戦>
ベス・フェニックス vs キャンディス・ミッシェル

6.<WWE王座戦>
HHH vs ジェフ・ハーディ

7.<世界ヘビー級王座戦 ラダーマッチ>
クリス・ジェリコ vs ショーン・マイケルズ

*管理人予想
1.バティスタ
今大会の中では最もマンネリ化している抗争ではないだろうか。この時期挑戦者決定戦が現在のRAWの人材不足を表している。そうは言うもののやはりここはバティスタのほうが1つ上。挑戦する相手がジェリコになるかマイケルズになるか未定なものの、現時点でJBLが挑戦しても盛り上がらないだろう。サプライズ的要素があるとすれば欠場中のオートン。オートンが絡んでくることによって無効試合→3人で挑戦という可能性なども。しかしその可能性抜きで考えるとすれば、順当に野獣が勝ち上がるはず。

2.マーク・ヘンリー
念願の王座を獲得したマットだが、ここは短命に終わってしまうと予想。というのも最強キャラであるヘンリーは完敗し、王座戦線から落ちることによって価値が無くなってしまう。逆にマットは王者でなくてもコンスタントに活躍できる万能タイプ。オーティズやボーン、スワッガーなどの若手も出てきていることだし、ヘンリーは王者として君臨させ、マットを様々な人材と絡めたほうがベターなのでは。

3.レイ・ミステリオ
ミステリオが負ければマスク脱ぎが待っているこの試合。ケインの例があるので100%とは言い切れないが、子供に絶対的人気を誇るミステリオの素顔を明かすということはさすがに出来ないはず。これまでストーリー展開ではケインが中心だった分、ミステリオはここで勝利し、アピールしたいところ。個人的意見だが、ケインは一旦ミステリオから退いて、再度マスクを被り様々なレスラーを破壊する以前のキャラに戻ったほうがいい気がする。

4.ビッグショー
ここのところ圧倒的な強さを見せているテイカーだが、このまますんなりといくだろうか。現在ヴィッキーの入院により、スマックダウンは責任者がいない状態。展開的にはビッグショーがここで勝利し、実質的にレスラー兼GMでスマックダウンを圧巻というのも悪くない。逆にテイカーは持病の状態もあるし、再度短期欠場か。

5.ベス・フェニックス
復帰後のプッシュの感じを見ていると、勢いだけならキャンディス。ベスは直前のスマックダウンでもディーバ王者マクールにやられるなど勢いはそれほど感じられない。しかしパートナーであるサンティーノ・マレラがIC王者でい続ける限り、ベスも負けてはいられないだろう。次PPVがサイバーサンデーだということもあり、特殊試合形式なら王者ベスのほうが都合がいい。力だけを見てもベスのほうが上だし、キャンディスはこの対戦で戦えるディーバに成長したことを証明したい。

6.HHH
この戦いではウラジミール・コズロフの乱入は避けられないだろう。コズロフがやってきて2人を急襲し無効試合になるか、HHHを攻撃してHHHの反則勝ちの可能性が高い。それ以外に考えられるのはHHHがジェフを実力で退けた後の急襲か。今の流れではHHH vs コズロフ vs ジェフの三つ巴の様相になることは間違いないし、これがこの秋のスマックダウンの本線になるだろう。無敗コズロフの相手と言う意味でも、HHHを王座からは落とせない。

7.クリス・ジェリコ
この試合は好内容を期待できるマッチアップとなった。もしかすると今シーズンのベストバウトになる可能性も。2人はすでにレッスルマニア19で最高の試合を演じているし、相性も抜群だろう。結果的にはヒール王者であるジェリコがどうにか防衛するとみるが、個人的には内容を重視したい。引退を決意していたマイケルズをもう1度RAWのトップに押し上げるのは無理があるし、後々バティスタやオートンと激しい試合を出来るのはクリス・ジェリコのほうだろう。
page top
CATEGORY : 新着News(ニュース)/噂
FCWトライアウトの審査陣は豪華
DATE : 2008-10-04-Sat
-以前ジェフ・ハーディが泥酔の為、移動中の空港で警備員に止められたというニュースをお伝えしましたが、WWEは公式にジェフに罰を与えてはいないものの、内部評価は下がっているそうです。またジェフを大プッシュしたところで、また何か騒動を起こすとストーリー展開に支障が出かねないということで、王座戦線での起用自体にも疑問符が出ているそうです。

-膝や腰に持病を抱えているアンダーテイカーですが、バックステージではそのことについて言及せず、バックステージの雰囲気を良く保つことを意識しているそうです。テイカーのそのような態度は多くの尊敬を勝ち取っているそうです。

-今月TNAとの契約が切れるケビン・ナッシュがWWEと契約に関する会談を持ったと発言したそうです。ナッシュはビンスと契約に関して話をする機会を持ったと述べ、その上でスケジュール的にはTNAのほうが好ましいと答えたそうです。しかし周りの友人にはWWE復帰も考えていると公言し、もし戻るのなら最後にショーン・マイケルズのボディガードをもう1度やりたいと言っているそうです。

-今週のRAWが行われたミネアポリスの会場では、リック・フレアーに関するサインボードを持っていたファンから、そのサインボードを没収していたそうです。

-WWEは今週末ハウスショーを行わず、選手達に休養を与えているそうです。

-今月末に予定されているWWE/FCWトライアウトですが、このトライアウトでは1-2名ほどしか契約に至らないだろうとウワサされています。しかしその他の参加者もチェックし、これからの動向を見守ることになるだろうといわれています。このトライアウトの審査陣はジョン・ロウリネス、リッキー・スティムボード、ビリー・グラハム、ジョン・シナ、ランディー・オートン、メリーナという面々になる予定だそうです。

-先日WWEはデベロップメントに所属している多くのレスラーのリングネームを変更しましたが、これはWWEがレスラー達に本名を使って欲しくないからだということ。プレイベートとリング上では違う名前を使って欲しいと思っているようです。その意味で本名で活動しているテッド・デビアス・ジュニアなどは例外だということ。これからもデビューするレスラー達はほとんどが会社の作ったリングネームで登場するだろうということです。

-WWEは2軍団体であるFCWにWWE所属の有名レスラーを出場させることで、FCWのTVショーの観客増加を狙っているそうです。

-今週のECWに登場したレニー・レインは元WCWのクルーザー級王者だったということです。
page top
CATEGORY : Smackdown!結果速報
10/3放送Smackdown!結果速報
DATE : 2008-10-04-Sat
10/3放送Smackdown!結果速報

-オープニング。放送局がMyNetworkTVに移行しての初放送。

1.バティスタ&ジェフ・ハーディ&レイ・ミステリオ&フィンレー vs ケイン&JBL&MVP&ザ・ブライアン・ケンドリック
試合内容:ジェフがMVPにスワントーンボムを決めてピン。
勝者:バティスタ&ジェフ・ハーディ&レイ・ミステリオ&フィンレー

2.<IC王者 vs US王者>
サンティーノ・マレラ vs シャルトン・ベンジャミン
試合内容:試合はベンジャミンのペース。しかし途中で観客席からR・トゥルースが登場。ラップを歌い始める。これに気を捕られたベンジャミンの隙をついてマレラがフォール。
勝者:サンティーノ・マレラ

-バックステージ。先週ヴィッキーがアンダーテイカーのツームストンを受け入院しているということで、GM代理をビッグショーが務めることに。
ビッグショーは先週ヘマを犯したチャボ・ゲレロに罰としてグレート・カリ&マーク・ヘンリーとのハンディ戦を命じる。

3.チャボ・ゲレロ vs グレート・カリ&マーク・ヘンリー
試合内容:カリがバイスグリップを決め、チャボ気絶。
勝者:グレート・カリ&マーク・ヘンリー

-ビッグショー登場。ビッグショーは現在のGMはテイカーなど恐れていないとアピール。すると照明が落ち、アンダーテイカー登場。ビッグショーは驚いて怯える。

4.CMパンク&ザ・コロンズ(カリート&プリモ・コロン) vs チーム・プライスレス(コーディ・ローデス&テッド・デビアス)&マヌー
試合内容:パンクがデビアスにGTSを決めてピン。
勝者:CMパンク&ザ・コロンズ

5.<女子王者 vs ディーバ王者 ランバージャックマッチ>
ベス・フェニックス vs ミシェル・マクール
試合内容:ミシェルがウイングオブラブという技を決め、ピン。
勝者:ミシェル・マクール

6.<WWE王者 vs 世界王者 vs ECW王者>
HHH vs クリス・ジェリコ vs マット・ハーディ
試合内容:HHHがマットにぺディグリーを決め、ピン。
勝者:HHH

-試合後ウラジミール・コズロフが登場。HHHを急襲する。番組終了。
page top
9/30放送ECW結果速報

-オープニング

-テディ・ロングとティファニーがリングに登場。
そしてロングはノーマーシーでの王座戦の直前と言うことでマット・ハーディとマーク・ヘンリーを紹介。
マット、ヘンリー、トニー・アトラスが登場。
ロング「さて諸君、日曜に向けて何か言いたい事はあるかね?」
ヘンリー「今週の金曜日にWWE王者、世界王者、そしてECW王者が戦うことになっているらしいが、マット、お前はふさわしくない。出場するべきではないぜ。」
マット「そうは思わない。俺はECW王者であることに誇りを持って戦う。そして日曜日は俺が勝利し、EWC王座を防衛する。」
マットはマイクを捨てて、構える。
ロング「今はダメだ。何か考えておこう。」
ジョン・モリソン&ミズが登場。
モリソン「お前の考えは信じちゃいけないぜ。お前は最高のチームである俺達を先週戦わせた。しかも最高の試合だったのに、最後はリッキー・オーティズが邪魔して終わりだ。今夜オーティズ、そしてエヴァン・ボーンとやらせろ!」
ロング「それではマット&オーティズ&ボーン vs ヘンリー&モリソン&ミズのタッグマッチにしよう。」

1.ジャック・スワッガー vs レニー・レイン
試合内容:スワッガーが圧倒。最後はブルーサンダーボムでピン。
勝者:ジャック・スワッガー

-試合後もスワッガーはレインを攻撃し続ける。そこにトミー・ドリーマーが登場。スワッガーは逃げる。

2.トミー・ドリーマー vs マイク・ノックス
試合内容:ノックスがスピニングリバースDDTを決めてピン。
勝者:マイク・ノックス

-試合後ジャック・スワッガーが登場。弱っているドリーマーにブルーサンダーボム。

3.マット・ハーディ&リッキー・オーティズ&エヴァン・ボーン vs マーク・ヘンリー&ジョン・モリソン&ミズ
試合内容:ヘンリーがボーンにワールドストロンゲストスラムを決めてピン。
勝者:マーク・ヘンリー&ジョン・モリソン&ミズ

番組終了

*ここ数日パソコンの調子が悪く、更新できませんでした。
ご迷惑をおかけいたしました。     管理人
page top
9/29放送RAW結果速報

-オープニング

-サンティーノ・マレラ登場。ホンク・ア・メーターを見せ、記録更新まであと58週だと言う。
マレラ「さらにこれがブレイン・バロメーターだ。脳細胞の数を表している。普通の人間の脳細胞は約6兆個だが、俺には10兆個ある。そしてバティスタにはたった12個しかないんだ。」

1.バティスタ vs サンティーノ・マレラ
試合内容:バティスタがスピアーからバティスタボムを決めてピン。
勝者:バティスタ

-試合後ベス・フェニックスがリングインし、バティスタとにらみ合う。するとバティスタの背後からJBLがクローズラインフロムヘルで急襲。

-バックステージでトッド・グリシャムがショーン・マイケルズのインタビュー。
マイケルズ「クリス・ジェリコが王者でいられるのもあと6日だ。俺がノーマーシーで王者になる。」
グリシャム「今夜はジェリコ&ケイドとタッグ戦ですが、パートナーは?」
マイケルズ「俺は色々な奴と共に戦ってきた。リアル・アメリカン(ハルク・ホーガン)やテキサスのガラガラ蛇もだ。しかし今夜の男は最高であり続ける俺のような男だ。そんな奴を連れてくるぜ。」

2.JTGw/シャド vs ミズw/ジョン・モリソン
試合内容:観客の反応は上々。試合はモリソンがエプロンに上がったところをシャドが攻撃。最後はミズのリアリティ・チェックが決まってピン。
勝者:ミズ

-バックステージ。ジェイミー・ノーブルが今夜のタッグパートナーを探していると、ジリアンと出会う。
ノーブル「ジリアン、どうやったら俺はディーバに理解してもらえると思う?」
ジリアン「私は自分よりも10倍優れている男じゃなきゃ嫌よ。」
新人のドルフ・ジグラー登場。ジグラーは握手を求め、ジリアンは応えるが、ノーブルは無視。ジリアンはジグラーのほうを見つめている。それに怒ったノーブルはジグラーを罵倒する。

3.ジェイミー・ノーブル&ミッキー・ジェームズ vs ポール・バーチル&ケイティ・リー
試合内容:リーガルとレイラが登場し、エントランスで観戦。非常に良い試合。ミッキーがルーテーズプレスでケイティを場外へ落とし、その隙にノーブルがバーチルにアームバーを決めて、バーチルタップアウト。
勝者:ジェイミー・ノーブル&ミッキー・ジェームズ

-暗いバックステージをコーディ・ローデス、テッド・デビアス、マヌーが歩いていると、ケインに出会う。
ローデス「ケイン、聞いてくれ。あんたの父親はポール・ベアラーだ。ということはあんたも2代目のスーパースターって事になる。今夜は俺達がタッグを組むんだ。分かってくれ、これは会社が決めたことなんだ。」
ケイン「俺は誰の命令にも従わない。俺が狙っているのはレイ・ミステリオだけだ。邪魔をしたらお前達が2代目の死体になるぜ。」

-ランス・ケイド登場。
ケイド「俺はかつてショーン・マイケルズの弟子だった。しかし俺はクリス・ジェリコのほうがより優れた師であることがわかった。俺は先週マイケルズを倒した。そしてノーマーシーではジェリコがマイケルズを叩きのめしてくれるだろう。」

4.CMパンク&レイ・ミステリオ&コフィ・キングストン&エヴァン・ボーン vs コーディ・ローデス&テッド・デビアス&マヌー&ケイン
試合内容:序盤はパンク組が勢いでローデス達を圧倒する。しかし徐々にパンクが捕まって、集中攻撃を受ける。パンクは何とかキングストンに交代。キングストンがコーディを倒すと、そこから8人の乱闘になる。キングストンはケインに飛びかかろうとするが、ケインがキャッチし、そのままチョークスラム。ピン。
勝者:コーディ・ローデス&テッド・デビアス&マヌー&ケイン

-試合後ケインはミステリオを観て高笑い。

-マイク・アダムル登場。
アダムル「今夜は重要なアナウンスがある。まずノーマーシーでのケイン vs ミステリオ戦だ。その試合でもしケインが勝利すれば、ミステリオはリングの中央でマスクを脱がなければいけない。」
ランディー・オートン登場。
オートン「アダムル、アナウンスをするのはいいが、ちゃんとシェイン・マクマホンの許可は取ったのか?先週それを怠ったせいで、パンクを出場停止に出来ず、シェインに覆されただろ。」
JBL登場。
JBL「今週は本当に悪い週だ。株は暴落した。オートン、お前の株もだ。お前は怪我をしていて試合には出られない。だから俺がノーマーシーでバティスタに勝利し、来週の今頃はジェリコかマイケルズを倒して王者になっているだろう。」
ここでバティスタのテーマがヒット。アダムルとオートンはリング下へ。JBLがエントランスのほうを見つめていると、背後からバティスタが登場し、スピアー。
バティスタ「本当に悪い週のようだな。しかしノーマーシーではもっと悪いことが起こるぜ。」

-バックステージ。サンティーノ・マレラが電話をしながら歩いていると、ベス・フェニックスに遭遇。マレラは急いで電話を切る。
ベス「今の誰?」
マレラ「ええと・・・フランクって奴だ。」
ベス「まぁいいわ。先週はあなたのせいでケリーケリーに負けたの。今夜はついてこないでちょうだい。」

5.ベス・フェニックス&ジリアン・ホール vs ケリーケリー&キャンディス・ミッシェル
試合内容:ベスがチキンウィングスラムをケリーに決めてピン。
勝者:ベス・フェニックス&ジリアン・ホール

-グレート・チャーリーが登場。ハースの物まね。しかし通訳で本物のランジン・シンが登場し、マイクアピールも行う。

6.グレート・チャーリー vs デュース
試合内容:チャーリーのフライングクローズラインが決まりピン。
勝者:グレート・チャーリー

-試合後チャーリーが退場していると、グレート・カリが登場。カリは笑って握手を求めるが、チャーリーが近づいたところでカリがチョップ。

-クリス・ジェリコとランス・ケイドが登場。ケイドはリング下からハシゴを取り出す。
ジェリコ「今夜はデモンストレーションだが、ノーマーシーではハシゴ戦でマイケルズを倒す。」
ショーン・マイケルズ登場。今夜のパートナーを紹介。出てきたのはHHH。観客大歓声。

7.クリス・ジェリコ&ランス・ケイド vs ショーン・マイケルズ&HHH
試合内容:試合中ジェリコがジョーブリーカー。これでHHHが場外へ。その隙にジェリコ達は2人がかりでマイケルズを集中攻撃。これをレフェリーが反則に取る。
勝者:ショーン・マイケルズ&HHH

-試合後ジェリコはラダーをリングにいれ、それでマイケルズを殴ろうとするが、同時にHHHがハンマーを持ってリングイン。ジェリコは退散するが、ケイドがハンマーをくらってしまう。その後マイケルズがハシゴ上からスプラッシュ。番組終了。
page top
CATEGORY : Smackdown!結果速報
9/26放送Smackdown!結果速報
DATE : 2008-09-28-Sun
9/26放送Smackdown!結果速報

-オープニング

-ヴィッキー・ゲレロとチャボ・ゲレロがGM室にいる。
チャボは先週テイカーに首を絞められたことに対し、恐怖で脅えている。
チャボ「ヴィッキー、あれはあんたへのメッセージだ。アンダーテイカーの狙いはあんただ。今すぐにでも襲いに来るぜ。」
ヴィッキー「落ち着きなさい。大丈夫よ。ビッグショーが付いているわ。」
ジェフ・ハーディが入ってきて、ウラジミール・コズロフがジェフやHHHを襲っていることについて文句を言う。
ヴィッキー「あなたはHHHとの対戦にだけ集中していればいいのよ。出て行きなさい。」
ジェフが退室し、入れ替わりでビッグショーが入ってくる。
ビッグショー「心配するな。俺があんたを守ってやる。」

1.HHH&ジェフ・ハーディ vs MVP&ザ・ブライアン・ケンドリック
試合内容:HHHがMVPにぺディグリーを決めてピン。
勝者:HHH&ジェフ・ハーディ

-シャルトン・ベンジャミン登場。
ベンジャミン「俺こそが王者にふさわしい男、ゴールドスタンダードだ。俺と比べるとR・トゥルースはなんでもない。奴はこの世界にいられるようなレベルでもないんだ。奴は歌って踊って観客の注目を集めているだけだ。」
R・トゥルースが客席から登場。リングで2人がにらみ合い。
トゥルース「What's up!」
ベンジャミンは何も言わずに退場。

-マリアとブリー・ベルが廊下を歩いている。

2.マリア&ブリー・ベル vs ナタリア&ビクトリア
試合内容:試合中ベルがリング下にもぐりこむ。そして別のところから登場し、ビクトリアを攻撃。最後はマリアがビクトリアにクロスボディを決めてピン。
勝者:マリア&ブリー・ベル

3.ウラジミール・コズロフ vs グレート・カリ
試合内容:試合途中で両者リングから落ちる。その後カリの攻撃をコズロフが回避し、カリは鉄柱に自爆。そしてコズロフがリングインすると、HHH登場。コズロフがリングから一旦下りると、HHHの背後からカリが攻撃。これにコズロフも加わり、2人でHHHを攻撃する。ジェフ・ハーディが来て、HHHを救出。HHHはスレッジハンマーでカリを攻撃。コズロフはリング下に下がり、ハンマーはダメだとアピール。
結果:ノーコンテスト

-GM室。ヴィッキー、チャボ、ビッグショーがいる。チャボはまだ怖がっている。
ビッグショー「怖がるな、チャボ。お前は勇気あるゲレロ家の一員だろう。そして俺を信じろ。俺はアンフォーギブンでアンダーテイカーを倒したんだ。これを観ろ。」
ビッグショーはアンフォーギブンのビデオを流す。
ビッグショー「チャボ、観ているのか?俺はヴィッキーを守る役目がある。お前がヴィッキーと同じ場所にいれば俺が守ってやるが、自分の身は自分で守るんだ。」
ヴィッキー「チャボ、あなたは試合に出なさい。」

4.チャボ・ゲレロ vs ジミー・ワン・ヤン
試合内容:チャボは常に脅えている様子。しかし試合はチャボがスピンキックを決め、ピン。
勝者:チャボ・ゲレロ

-試合後会場の電気が一瞬消える。再び点灯するが、チャボは脅えている。

5.<WWEタッグ王座戦>
カート・ホーキンス&ザック・ライダー vs カリート&プリモ・コロン
試合内容:カリートがライダーにバックスタバーを決め、ピン。
勝者:カリート&プリモ・コロン(新王者誕生)

-試合後ジェシー&フェスタスが引っ越し屋の格好で登場。ホーキンスとライダーを粗大ゴミとして回収していく。

-再びGM室。
チャボ「ヴィッキー、観たか?あれはアンダーテイカーの仕業だ。」
ビッグショー「チャボ、落ち着くんだ。」
ヴィッキー「私達はこれからリングに向かうわ。嫌ならここに残っているがいいわ。」
ヴィッキーとビッグショーは退室。チャボもあわてて二人を追う。

-ヴィッキーとビッグショー、チャボがリングに登場。
ヴィッキー「アンダーテイカー、私はここにいるわ。出てきなさい。」
アンフォーギブンのビデオが流れる。
ヴィッキー「さぁ考えを改めるときよ。」
チャボ「呼び出すのはまずいんじゃないか?」
ビッグショー「アンダーテイカー出て来い。俺はお前の魂をつぶした男だ。」
ここで会場の電気が消え、鐘の音が鳴る。そして再度電気が点灯すると、チャボの姿が消えている。そして画面にGM室でチャボを殴っているテイカーの姿が映る。それと同時にビッグショーはリングから下りて、GM室に向かう。ヴィッキーはリングに立ち尽くしている。
ここで再び会場が暗くなり、鐘の音がなる。
そして電気が点くと、ヴィッキーの目の前にアンダーテイカー登場。テイカーはヴィッキーの首を掴むと、そのままツームストンパイルドライバー。番組終了。

page top
Copyright © 2005 WWE~天下無双~. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。